「クソガキ」が大炎上。ホームランをキャッチした高校生の末路…

とんでもない事件がおきました!WBC開幕戦でホームランがでたのですが、それを観客がキャッチしたために2塁打に…。

そのためネットで大炎上してしまいました…。



スポンサーリンク

ホームランキャッチで大炎上

3月7日、ついにWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が開幕しました。

日本の初戦相手はキューバ。
事件が起きたのは、1対1の同点でむかえた4回裏。

ツーアウトランナー2塁で、ヤクルトの山田哲人選手がレフトに大飛球を放ったのです。

クリーンヒットしたボールは高々と上がり観客席へと飛んでいきます。

「スタンドインしてホームランか!」

そう思われた打球でしたが、ある観客がフェンスよりも手前でボールをグラブでキャッチしてしまったのです!



周りの観客も喜びつつも困惑気味…。
「こいつやっちまったな」
そう思ってた人もいるかもしれません。

案の定、彼が取ってしまったためにホームランかと思われた打球は、タイムリーツーベースになってしまったのです。

キャッチしたのは男子高校生。

ホームランボールをキャッチしたことに興奮したのか、彼は自身のTwitterに取ったボールと一緒に画像をアップ

やばww
ナイスキャッチ!笑笑

・・・・・・・・・。

ちっともナイスじゃないだろ!
どんだけ頭お花畑なんだよ。

彼自身がアップした、このツイートがあったためにすぐに拡散され大炎上する事態に発展しました。

自分から、炎上するネタを提供したわけですw

フェンスから手を出しキャッチしたから問題しかないし、弁解の余地なしですね。

目の前に来たから反射的に取ったのかもだけど、野球のルール知らんでもおかしいって分かるわ!


スポンサーリンク

高校生のその後が…

その後は、警備員に厳重注意される高校生。

客席に帰ってきた時には、キャッチ時の笑顔が嘘のように落ち込んでいましたね。



どうやら永久出禁になってしまったようです…。

ネット上で特定されないようにか、アカウントは消していたようですね。



しかし!!
その前にTwitterのアカウントだけでなく、高校名や名前、住所なども特定されてしまっていたようです…。

ネットって本当に怖いですね…。
それだけのことをやらかしたのは、まぁ彼ですけど。

ネットの反応

・このガキが取らなかったらホームランだったのに

・これは叩かれるだろ。野球のルール知ってたら取らないよ

・クッソワロタンゴwふざけんなwww

・まじクソガキだろ

高校生を批判する声がとても多かったです。

Twitterでは彼のことを指すと思われる「クソガキ」というワードが4万件を超えるトレンドとなっています。
今年一番の炎上でしょう。

肝心の試合は、6対11で日本が勝利しています。

これでもし、試合に負けていたら今以上に叩かれていたでしょうねw
なので、本人も「まだ助かった…」と思ってたかもしれないですね。

しかし、顔など調べたらすぐにネットで出てしまうので学校でいじめに発展する可能性もありますね…。

まぁ、野球ファンからしたら許せないことだろうし、しゃあないか…。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ JKが不衛生行為の画像を公開!未成年飲酒まで…バイト先もやばかった