どうぶつ奇想天外で最悪の放送事故。ヒグマに食いちぎられるスタッフの一部始終。

0915_9

どうぶつ奇想天外で過去最悪の放送事故があった?!

ヒグマの撮影のために訪れたロケ地で

写真家がヒグマに食いちぎられた惨劇の詳細がこちら・・・


スポンサーリンク



ロシアでヒグマに襲われ・・・

事件は1996年7月25日、

『どうぶつ奇想天外』の取材としてロケーションされた

ロシアのカムチャッカ半島で起こりました。

 

ヒグマの生態を撮影するために同地を訪れていた

プロの動物写真家・星野道夫さん(享年43歳)が

ヒグマに襲われ死亡しました。

 

ヒグマ撮影のプロに一体何が?

元々、星野道夫さんは

アラスカでグリズリーの写真を幾度も撮影してきた実績のある、

いわばその道のプロフェッショナル。

 

hoshino

 

当然、熊の習性などは熟知していたはずなのになぜ、

このような悲劇が起こってしまったのでしょうか?

事件の一部始終はこうです。

 

事件の発端となったロケ地への取材は

星野さんの持ち込み企画だった。

 

星野さんは『どうぶつ奇想天外』へ

「ヒグマと鮭」という第材を持ち込んで、

TBS撮影クルーと共に目的地のカムチャッカ半島へ

向かうことが叶いました。

 

撮影のためのキャンプ地はカムチャッカ半島南部のクリル湖畔でした。

そこには安全な施設もあったのですが、

星野さんは敢えて湖畔の畔にテントを構えて宿泊することを選択しました。

 

これはより被写体と近付きたいという

星野さんのポリシーの一環であったと思います。

 

またこの判断は、

クマの生態に詳しい星野さんなりの

 

「7月は鮭が川を遡上してクマにとって

エサが豊富だから人を襲撃しない」

 

という見解に基づいていました。

 

体長2m強の巨大なヒグマが目撃

到着後2日目の夜に、

宿泊施設にある食糧庫にヒグマが登って飛び跳ねていた姿が

現地ガイドに目撃されました。

 

当然、ガイドやスタッフたちは星野さんに危険を警告しましたが、

聞き入れられませんでした。

 

なぜ食べるものに困らない時期のはずなのに、

人間の食糧を欲するのでしょうか?

 

実はこの年、サケの遡上が例年よりも遅れていたのです。

さらに、この赤い傷を負ったヒグマが、

地元テレビ局の社長によって餌付けされた個体であったため、

人間への警戒心が薄かったとも考えられています。

 

また同時期に環境保護団体グループが

同地を訪れていましたが、

ヒグマの目撃情報は彼らからも上がっていました。

 

8月1日、環境保護団体のグループが訪れ同地でキャンプをしたが、

靴をヒグマに持ち去られたり、

写真家が不在だった鮭観察タワーに泊まった1人は、

一晩中タワーによじ登ろうとするヒグマに怯え眠れなかったという。

 

8月6日夜にはまた星野のテント近くにヒグマが現れて、

ガイドがスプレーで追い払った。

 

ガイドは再び強く小屋への移動を勧めたが、

星野はこの時も聞き入れなかったという。


スポンサーリンク



最悪の惨劇は深夜のキャンプ地で起こった

8月8日の深夜4時頃、

星野さんの悲鳴とヒグマのうなり声が暗闇のキャンプ場に響き渡った。

 

小屋から出てきたTBSスタッフは

「テント!ベアー!ベアー!」とガイドに叫んだ。

 

ガイドが懐中電灯で照らすとヒグマが星野を咥えて

森へ引きずっていく姿が見えた。

 

ガイドたちは大声をあげシャベルをガンガン叩いたが、

ヒグマは一度頭をあげただけで、そのまま森へ消えていった。

 

テントはひしゃげていてポール(支柱)は折れ、

星野さんの寝袋は切り裂かれていた。

 

ガイドが無線で救助を要請し、

ヘリコプターで到着した捜索隊は上空からヒグマを捜索し、

発見すると射殺した。

 

星野さんの遺体は森の中で

ヒグマに喰い荒らされた姿で発見された。

 

以上がTBSの作成した「遭難報告書」による事件の経緯となります。

 

現地ガイドやアメリカ人写真家の証言との

食い違いもあったようです。

 

TBS側は一部の食い違いは認めましたが

事故の予測は不可能と結論付けました。

 

この事故を振り返ると

星野道夫さんの”自己責任”だったことが浮き彫りになってしまいますが、

自然を心から愛していた星野さんは

一方で弱肉強食の自然のルールに犠牲になることも

やむを得ないという覚悟があったのかもしれません。

 

被写体に近付きたいと願うあまり、

遂に被写体に食い殺された写真家の運命は余りに悲惨です。

 

ネットでの反応

・ガイドの忠告聞かない本人もバカ

それを許してロケ中断しないTV屋もクズ

 

・野生動物で飯を食ってきたら、野生動物の飯になっちゃったと

 

・ヒグマの吠える声や姿も目撃されているのに避難しないで

テントに留まり続けるとは自殺行為以外の何物でもない

 

・動物と一体化できると勘違いした人間のおごりか

 

放送事故とは違いますが、

TBSの製作スタッフも同行し番組のためのロケだったのですから

たとえ星野道夫さんが聞く耳持たなくとも

強制的にロケ中止にすべきだったかもしれません。


スポンサーリンク