ドイツの海岸に打ち上げられたクジラの胃の中は「プラスチックのゴミで満杯だった」進みゆく環境汚染に人類は・・・【動物の異常】

german-whale-death

2016年1月29日に

ドイツのワッデン海国立公園に打ち上げられたクジラの胃の中が

大量のプラスチック自動車部品などで満杯になっていた。

 

こんなことが許されるのか。

今回は許しがたい海の環境汚染について紹介します。



スポンサーリンク



巨大なマッコウクジラが死亡して打ち上げられた

2016年に入ってからヨーロッパ各地でクジラの大量死が続いています。

これは歴史的に過去に例がないほどの非常事態となります。

今年 1月からすでに 30頭以上のクジラがヨーロッパ北部の海岸で打ち上げられているとのこと。

世界規模で見ればクジラの大量死は特に最近は頻繁に起きることですが

ヨーロッパにおいては過去に例がない数となっているそうです。

eu-whale-deaths

胃の中は大量のプラスチック、自動車部品で満杯

全てのクジラを調べたわけではないようですが、

現在、海にいるかなり多くのクジラたちの胃が

プラスチックだらけ」になっている可能性があるようです。


ちなみに、このプラスチックがクジラ大量死の原因と言うわけではないようですが

多くのクジラの胃がこのようになっている可能性」を示したという意味で、

科学者や海洋生物学者たちには衝撃的だったようです。

酷いものでは長さ 13メートルの漁網や、

70センチの大きさのプラスチックも含まれていました。

クジラたちがそれらのプラスチックなどを

イカなどのエサと間違えて食べたものがあることを示唆しています。

Wadden-map

いかに現在の海がプラスチックのゴミにまみれているかを表しているのと

人類の海への軽視が生み出した衝撃的な光景だと思います。

 

海洋生物は、これらの廃プラスチックを消費し、苦しみ、最悪の場合、

胃がプラスチックで一杯になった状態で餓死するかもしれません。


大きなプラスチックの破片などは海洋生物に明確に問題を引き起こします。

腸を塞いでしまうことやクジラたちに慢性的な問題を引き起こす

可能性を排除することはできないようです。


また、マッコウクジラがこのような形で死亡しているのを発見されたのは、

今回が初めてではありません。


2011年には、ギリシャのミコノス島で死体で発見された

クジラの胃から100個以上のビニール袋や、ゴミが見つかっている。


ただし
、このブラスチックがドイツに打ち上げられた

マッコウクジラを殺した直接の原因ではありません。

クジラたちは心不全で死亡していたことがわかっている。


北海から浅い水深の海域に移った時に、自分の体重を支えることができず、

その結果、内臓に異常が起きたと見られている。

しかし、クジラたちの胃が汚染に満ちていたという事実は

私たち人類に対しての恐ろしい告発にも思える。

 

ドイツの衝撃ニュースは最近ではSTAP細胞が有名ですね。

合わせてご確認頂ければと思います。

【小保方さん逆転勝利?】STAP細胞はありまぁす!

ドイツでSTAP現象の確認に成功!



スポンサーリンク