江戸時代の避妊法が恐ろしすぎる…現代に生まれてよかった…


現代より性に対する考えが大らかだったといわれる江戸時代。しかし、望まぬ妊娠は大きな問題に発展してしまいます。

今回はそんな江戸時代にやっていた驚きの避妊方法を紹介します。



スポンサーリンク

避妊は人類の歴史の中で大きなテーマ

江戸時代の人はどのように避妊していたのでしょうか?人類の歴史の中で避妊は大きなテーマです。高度な避妊法が確立されている現代においても、若い男女が十分な知識のないまま性行為をし、望まない妊娠をしてしまうケースは少なくありません。

妊娠についての科学的な知識の乏しかった江戸時代は迷信に近い方法も含めかなり幼稚な方法がとられていました

特に遊女にとって妊娠は大きな問題でした。なぜなら妊娠期間中は遊郭でのお勤めができないからです。華やかな世界に生きているように見えて、彼女たちは家族の借金のカタとして売られてしまった身の上でしたから。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

江戸時代の避妊法が恐ろしすぎる…現代に生まれてよかった…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image