イギリスがEUを離脱した理由・・・0.1秒で理解できる画像が話題に。

イギリスのEU(ヨーロッパ連合)離脱が報じられましたが、

なぜイギリスはEUを離脱したのでしょうか。

0.1秒で理解できる画像が話題になっています。



スポンサーリンク



EU離脱の理由が0.1秒で理解できる画像

no title

 

EU離脱の本当の理由

イギリスの庶民的には、

なぜEUを脱出したいかというと、

EUから人が山の様に来てしまって、

病院や電車が混む上に、学校の教室が足りないから

 

年に18万人も来る。

そして帰らない。

ビザいらないので。

 

ブルガリアとルーマニアからは年に5万人も来る。

月収5万円ぐらいの国だから皆イギリスに来たい

移民が増えれば増えるほど損をする?

イギリスの庶民的には、

ガイジンが増えるから困るというよりも、

「人」が増えて色々困っているというのが正直な感想。

 

ここの人達はガイジンには慣れているし寛容。

ただEUからこんなに人が来るとは誰も予想してなかった。

 

政府の予測は大外れだった。

自治体が耐え切れない状態になっている。

日本の人は知らないと思うのだけど、

EUの人がイギリスに移り住んだ場合、

税金一円も払ってなくても医療費も学校も無料。

通訳まで付けてもらえる。

 

病院は年間予算が決まっているから沢山治療しても予算が増えるわけではない。

学校も同じ。

人が増えれば増えるほど苦しくなる仕組み

イギリスが恐れていること

そしてイギリス庶民が最も恐れているのは、

トルコがEUに加盟すること

 

加盟したらトルコ人もイギリスに自由にこれるようになるんですが、

月収6万円の国で、あそこにはシリア難民も大量にいる。

トルコは人口も多いですから人が大量に来てしまう。

しかもテロリストも混じっているかもしれない。

引用元:http://twitter.com/May_Roma

 

通過統一し市場を拡大することが

デフレ回避の方策だったはずのEU連合だが、

一番の恩恵を受けていたイギリスが離脱した。

 

日本企業が何百と工場を作って労働者を雇用しても、

イギリス人は不満のようだ。

 

なぜなら、EU離脱の真の理由は、

移民の流入を防ぐためだからです。

いかに雇用が増えても、仕事を外国人に奪われたら意味がない。

これがイギリスがEUを離脱した本当の理由です。

民主主義は常に自国の国民を優先しなければならない。

国民のための政治だと思います。

 

日本への影響は?

日本にはどのような影響があるのかというところですが、

ヨーロッパが不景気になれば、日本にも悪影響が出る、

というのはパッとわかると思います。

 

現在、イギリスに進出している日本企業の数は931社です。

これはEUではドイツに次ぐ2位の企業数です。

さらに、日本の対イギリス直接投資の額は1兆7000億円です。

これは、アメリカに次ぐ世界2位の金額です。

 

こういった数字だけでも、イギリスの景気が悪くなれば、

日本もかなりのダメージを食らうことは理解できるでしょう。

 

さらに、前述したポンド安、ユーロ安になると、

今度は日本の輸出産業にも大きな影響が出てきます。

 

ヨーロッパからすれば、ポンド安、ユーロ安になると、

日本の製品はこれまでより買いにくくなります

(例えば、今まで100ユーロで買えていたものが120ユーロになってしまう)。

そうすると、日本の対ヨーロッパ輸出が落ち込み、

日本経済全体の景気悪化にもつながってくるわけです。


スポンサーリンク