EXILE映画の“舞台挨拶商法”に中高生の保護者が悲鳴の声続失…「法律で規制できないのか?」

EXILE映画の“舞台挨拶商法”に

中高生の保護者が悲鳴の声が続失・・・

刑事罰の可能性あり?



スポンサーリンク



明るみになった悪徳?な商法

内部のブラックな体質が取り沙汰されているEXILE軍団。

所属事務所のLDHはジャニーズ事務所や

AKBグループを超える莫大な収入が囁かれているが、

「この商法なら当然そうなる」と、

メディア関係者もあきれ顔だ。

 

「ここ最近の三代目J Soul Brothers推しも

凄まじかったようですが、

彼らの人気に乗じた映画のサントラ

『HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』も大ヒット。

 

トータルで約88分しかないのに(CD1枚で約78分収録できる)、無理やり2枚組にして値段も高めに設定。

 

しかも三代目JSBはグループとしては1曲しか歌ってないにもかかわらず、

彼らのファンがこぞって購入し、言わずもがなこれもボロ儲け。

 

そして今度は映画『HiGH&LOW THE MOVIE』が

7月15日に公開されましたが、

実はこの“舞台挨拶商法”に中高生ファンの保護者たちが

悲鳴を上げているんです」

 

邦画の場合、観客動員ランキングを上げるために、

公開初週の土日は必ずといっていいほど出演俳優らの舞台挨拶が行われる。

今回もEXILE軍団が登壇するのだが‥‥。

 

「週末は3連休ということもありますが、

なんと全国47都道府県で200回の舞台挨拶ツアー。

 

しかし、その時になってみないと

誰が登壇するかはわからないため、

一部のシネコンも困惑しているようです。

 

たとえば三代目JSBのファンが高価な特別チケットを購入して行っても、

まったくファンではない別グループのメンバーが来る可能性も高い。

 

ですから、がんちゃん(三代目JSBの岩田剛典)ら

人気メンバーに会うためにいくつもの会場の高額チケットを親に

ネダる中高生も続出しているそうです。

 

ある保護者は『EXILEにいくら払ったらいいのか。

買わないと娘はスネるし、法律で規制はできないものか』

と憤っていました」

 

舞台挨拶以外にも舞台挨拶のライブビューイング、

さらにファンクラブ限定とはいえ、

彼らのコンサートツアーのチケットを予約すると

1万2000円という高額チケット代の中に代金が含まれる形で

映画鑑賞券まで付いてくるという

“前代未聞”の商法を展開している。

 

その容赦ない動員ランキング工作に、

真っ当な映画ファンからは「エグッ!ザイル」など

非難轟々だが、もはや手のつけられない状況だ。

 

とにかく、バイトもできない、

お小遣いも少ない中高生にもファンが多いことを

もう少し考慮してあげてもいいと思うのだが‥‥。

 

刑事罰の可能性あり?

EXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEなどが

所属する芸能プロダクション「LDH」の“行き過ぎた上下関係”が

14日発売の週刊文春(文藝春秋)によって明らかにされた。

 

同誌ではLDHの元社員がその実態を告発している。

 

LDHは「よく言えば体育会系、

悪く言えばヤンキー系の“ノリ”」で上下関係は絶対。

 

役員の態度は横暴で、

路上での土下座、丸刈り、ラーメン10杯完食などを強要する

「体育会系イジメ」がまん延しているというから驚きだ。

 

「LDHのトップは

代表取締役社長兼EXILEのリーダーのHIRO(47)ですが、

その下につく役員や人気アーティスト達は

立場が弱いスタッフに対してやりたい放題だとか。

 

今回告発した元社員は長時間労働と残業代未払いについて、

労働基準監督署にも相談済みと伝えられている。

今後、さらなる“闇”が浮き彫りになる可能性も高い」

内部では真逆の感情がひしめいていた

LDHという社名が

「Love」「Dream」「Happiness」の

頭文字に由来することは有名だが、

内部では真逆の感情がひしめいていたようだ!

 

LDHは芸能だけでなく、

障がい児サーフィン教室や小中学生向けの講演会、

震災募金などの社会貢献活動にも力を入れる企業姿勢や、

企業理念である

「アーティストは、特別じゃない。

一人の人間として、社会性が大切」

「みんなが思いやりを持ち、みんながほめ合う」

といった社風に憧れ入社を希望する若者が多いそうですが、

実態がこんな感じであるため、

社員が定着しないそうです。

 

”アルコール20杯”を2時間でイッキ飲み?

また、今回の告発を裏付けるかのように、

あるテレビ局関係者からはこんな証言も出ている。

「LDHの方が開いた飲み会に招待されたことがありますが、

若手スタッフは常にイッキ飲みを強要され続けていました。

 

2時間で20杯近くは飲んでいたと思います。

注文した飲み物は基本的に

『すべて一気飲みしなければならない』という

独自ルールがあるらしく、見ているこちらが辛くなってしまった。

 

しかし上司は『○○さんの前で俺に恥をかかせる気か』と、

意味不明な理由でオラオラと煽り、

次々とおかわりを注文し続けていました」

 

その後、若手社員はしばらくして体を壊し、

退職したのだという。

 

実態はイジメや体罰が横行するブラック企業?

この1年で20名近くの社員が退職し、

15年度入社の新入社員もすでに全員辞めたと報じている。

 

旬のアーティストを多く抱えるプロダクションなだけに、

希望に胸を膨らませて入社志願する者は少なくなかったはずだが、

その実態はとんでもない“ブラック企業”だったのか。

今後の誠意ある対応が問われている。

 

告発されたのは尾野真知子の旦那?

尾野真千子、結婚相手旦那は森博貴専務!

兄はEXILE事務所LDH森雅貴副社長!

尾野真知子の旦那「森博貴 株式会社LDH 専務取締役」
63103ff4-s

双子の兄は「森雅貴 株式会社LDH 代表取締役副社長」

31501fb2


スポンサーリンク




一応、LDHはこれらの事案を真摯に受け止め

「一カ月ほど前からコンプライアンス体制構築を専門とする

弁護士に依頼して幹部に対する指導や研修を

実施していただいているところです」と答えたといいますが、

ちょっと遅いかも。

 

すべて刑事罰に値するという話があります。

もう裁判沙汰になってしまえばいいのに。

 

HIROさんがパフォーマーを引退して

経営に集中するとしたのは2013年です。

 

代表取締役としてこういった現状を知っていて

無視していたのでしょうか。

一切知らなかったならそれはそれで問題です。

関連記事

EXILE・TAKAHIROのタトゥーがダサすぎて完全終了www