青木あざみが父親から性的暴行を受けていた過去を暴露【壮絶】

あの人は今


TBSの『ザ!激闘!!大家族』で有名になった大家族「青木家」。その長女である青木あざみが、父親から性的暴行を受けていたという衝撃の事実を暴露しました。しかも青木あざみは父親に3人も子どもを産まされていたそうなのです。

青木あざみは父親に性的暴行され子どもを3人出産!

TBSの『ザ!激闘!!大家族』という人気ドキュメンタリー番組で、子どもが8人いる大家族としてスポットライトを浴びた青木家。

青木家の母親は失踪しており、父親と長女の青木あざみを中心に、家族が一団となってさまざまなことを乗り越えていく様子が感動を呼びました。

出典:https://www.irasutoya.com

2009年の週刊誌のインタビューで、青木あざみがテレビでは放送されなかった衝撃的な事実を暴露。青木あざみは父親から性的暴行を受け、父親との子どもを3人出産していたというのです。

テレビでは青木あざみは16歳・17歳で妊娠・出産する様子が放送されていましたが、それが実は父親の子どもだったとか。

さらに、テレビでは隠されていたものの、14歳ですでに一度父親の子どもを出産していたそうです。

その子どもは生まれてすぐ施設に入れたということです。

父親による青木あざみへの性的暴行は2日に1回

父親からの性的暴行が始まったのは、母親が家を出て行った直後のことで、青木あざみは当時まだ中学1年生

1つの部屋で家族が集まって寝ていた時に、父親が青木あざみにのしかかってきたのだそうです。

翌日、父親はいつもと変わらない態度で接してきたとか。

しかし、これ以降、父親による青木あざみへの性的暴行は2日に1回のペースで行われるようになったと言います。

父親からの性的暴行が始まると、青木あざみは家にいるのがつらくなり、何度も家出。

しかし、その度に父親に連れ戻されました。

また、青木あざみに彼氏ができると、父親が嫉妬して激怒。たばこの火を押し付けたり、皿を投げたり、暴力を振るうこともあったそうです。

青木あざみは19歳になると、子どもを置いて完全に家を出ました。

ちなみに、青木あざみの初体験は父親とではなく、小学6年生の時に当時のボーイフレンドとだったということです。

青木あざみの夫がひき逃げで相手を死亡させる


1 2 3