寒気が止まらない。恐怖体験と知らず5年も過ごしていた…

恐怖体験

引っ越しをすると時、気になることは色々ありますが、事故物件に住みたい人はなかなかいないでしょう。

確認しておかないと、大変な目に遭うことに…。



スポンサーリンク

破格物件の落とし穴

『転勤の辞令』

サラリーマンはこれに逆らうことはできませんよね。

ある男性も辞令を出され、奥さんと新居を探しいていたのです。

その時に目についたのが、2階に玄関のある二世帯住宅

二世帯住宅

その頃にはこういう家は珍しく、「面白いなぁ」と思ったと言います。

仲介業者は、大家さんが1階に住んでいると言うのです。

赤の他人ならまだしも、大家が下にいるなんて窮屈!

そう奥さんは渋っていましたが、まぁ見るだけ…と内見をすることに。

・部屋は広くて快適そう。
・コンビニ、駅も近く立地もいい。
・家賃には駐車場も込で破格の値段。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

恐怖体験

寒気が止まらない。恐怖体験と知らず5年も過ごしていた…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image