旅行中の恐怖体験。深夜に歩いていたら勝手にタクシーが停まって…

旅行中、深夜に歩いているとタクシーが停まり「早く乗って!」と言ってきました。

「えっ?」と驚いているとタクシーの運ちゃんが「初乗り料金で良いから早く!」と。
一体何が!?



スポンサーリンク

旅行中の恐怖体験

ある男性が、大学生の時に関西方面を一人旅をした時に経験したことです。

関西本線の何の変哲もない田舎町の駅でそれは起きました。

時刻は深夜。その駅で降りた目的は、翌朝行きたい史跡の最寄り駅だったからだそうです。

近くにネカフェがあったことを思い出し、とぼとぼと線路沿いの道を歩いて行きました。

人通りも店もない道を15分ほど歩くと、周りは街灯も無く真っ暗で…。すぐ先には林が待ち構えていたそうです。

「うわぁ、嫌だなぁ」
そう思い急に心細くなったものの、今更引き返せないしと腹くくってそのま歩き続けたそうです。

だんだん林が近付いてきて、そろそろ携帯のライトを付けなきゃなと思い始めたその時…。
怖い道

怪しいタクシーが1台…

前方からヘッドライトがゆっくりと近付いてくるのが確認出来たのです。そばに来てから確認すると、それは1台のタクシーでした。

空車みたいだったので、「手を上げよう!」そう思ったけど、お金がギリギリでネカフェまでいくらかかるか不安だったから迷ったそうです。

「ああ通り過ぎちゃう」と思ったら、すれ違う時にそのタクシーが不自然にスピードを落としたのです。

「あれっ?」と思って運転席を見ると髭面のおじさんが彼の方を見て何か合図しています。車の進行方向、つまり彼が来た方を指差してそのあと左の方を指差したのです。

立ち止まって通り過ぎたタクシーのテールランプを眺めながら首を傾げていると、車が100メートルほど先で急にウィンカーもださずに左折したのです。

彼はさっきの合図と照らし合わせて、「ついて来いということかな?」と思ったが、正直ちょっと怪しくて躊躇ったそうです。

構わず先を急ごうと前を見ましたが、暗い林を見るとさっきよりも不気味に思えて「よし!」とタクシーの方に引き返したのです。


スポンサーリンク

タクシーに乗ると予想外の展開に

角を曲がると、なんと200メートルほども先にタクシーが停まっていたのです。ますます怪しいですが、ここまできたら、とそこまで歩いていったのです。
タクシー

タクシーの側まで行くと運転席の窓が下りて、おじさんが顔を出していきなり、こう聞いてきたそうです。

「どこに行こうとしてた?」

「いやあの、××っていうネットカフェに行こうと思ってたんですけど」

「乗って。行くから」

「え、でも……」

「初乗りでいいから。乗って乗って」

「はあ」

こんな運ちゃんいたら、めっちゃ怪しいですよねw

彼も怪しいと思ったそうですが、成り行きに流され、後部座席に乗り込んでしまったのです。そしてバッグを下ろしたら運転手がすぐに言ったそうです。

「あそこ曲がる前に伏せて」

「は?」

「さっきの道に戻る前に伏せて。座席の前にしゃがみ込んで。荷物も」

「ええ?なんでですか?」

「後で説明するから。俺がいいと言うまで動かないで」

訳が分からないまま、彼は言いなりになって足元にしゃがみ込み、バッグも下に落としたのです。

運転手はちらっとこっちを見て「そのままでね」と言いました。

「いったい何事?」と不安に思いながら彼は運ちゃんに確認する勇気もなく、そのまま後部座席に伏せていました。

タクシーは例の林道を30秒程かけて通り抜け、目的のネットカフェまで彼を運んでくれたのです。確かにメーターは初乗り料金のまま止まっていました。

彼は礼を言いタクシーを降りましたが、どうしても気になることを運ちゃんに聞きました。
「いったいさっきの合図は何で、何故座席に伏せさせたのか?」と

すると運ちゃんの答えは驚くべきものだったのです。

衝撃の事実が!?

「いたんだよ、あそこに」

「え、どこですか?」

「林を通っただろ?あそこな、時々おかしな奴らが待ち伏せしてるんだよ」

「待ち伏せ……」

「通りかかった奴を殴ってボコボコにして身ぐるみはいでレイプして、もう何人も被害に遭ってる。男も女も」

「ええ?!何ですか、それ。警察は?」

捜査してるはずだが、一向に捕まらない。暗くて目撃者もいないせいか、他に何かあるのか。何にせよ地元の人間は夜は決して徒歩や自転車で通ったりしない」

「とにかくそれで合図を?」

「もう林まで近かったから、あからさまに停まったらバレる。獲物を奪ったと追っかけてこられたら面倒だからな」

彼を座席に伏せさせたのも、連中に見つからないようにするためだったのです。

最後に「何故今夜奴らがいると分かったのか?」と聞いたそうです。

「血がね。ライトで見えたんだ。まだ乾いてなかった」

林

奴らの正体が見えないだけに余計不気味な話です。男も女も見境なく襲うケダモノか、妖怪か…。

しばらく暗い道があるけないかもしれないです…。

ネットの反応

・地縛霊よりも、生きている人間の方がタチが悪い・・・

・被害者は顔とか見てるはずでしょ?それでも捕まらないってのは警察が無能なのか作り話かってな。まぁでも知らん土地で襲われたらたまらないよな…怖い話だ

・タクシーの運ちゃん、何ていい人なんだ

・怖いな…正体が分からないから余計に…。

乾いていない血が現場にあったという事は、その夜、犠牲者があったと考えられますよね。

そんな危ない道を、例え男でも夜1人歩くのを想像すると寒気が…。
機転の利いたタクシーの運ちゃんに敬意を表したいですね!


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 深夜のタクシー恐怖体験。帰宅して降りようとすると信じられないことが…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

旅行中の恐怖体験。深夜に歩いていたら勝手にタクシーが停まって…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!