女性ホームレスの実態。500円で男に施しを受ける天国と地獄

国内ニュース


女性ホームレスの実態
500円で男に施しを受ける天国と地獄が話題に。


70代女性ホームレスの過酷な現実

深田絹江さん(仮名70代)は外国人観光客も多く訪れる
浅草雷門そばにある公園の中に、女性の背丈ほどの緑が生い茂る隙間を通り抜けた一角で、30年間もひっそり生活を続ける女性ホームレス。

「ずっと公園で寝る生活です。もう年で、まともに働けないから、男の人に“施し”を受けて、なんとか生きています」

深田絹江さんには力仕事をする体力は残っていませんが、薄っすら夜が明けはじめ、眠りから目を覚ますと、あ~まだ生きてるのね!と感じるようです。
そのたびに、今日一日を生き抜くため、カラダを張って収入を得ています。
それは、あまりにも過酷で、これが今の日本の現実です。

「男の人に“施し”を受けて、なんとか生きてます」

深田さんの語る「施し」とは“売春”を意味します。

なぜホームレスになったのか

初めは信じられませんでしたが、彼女は現役の売春婦。
でも、どうして彼女は、ホームレスに身を転じなければいけなかったのでしょうか?

「もう30年もやってるからね、理由なんて忘れちゃった。でもそんなものですよ。


1 2 3 4