女性ホームレスの実態。500円で男に施しを受ける天国と地獄


女性ホームレスの実態
500円で男に施しを受ける天国と地獄が話題に。



スポンサーリンク

70代女性ホームレスの過酷な現実

深田絹江さん(仮名70代)は外国人観光客も多く訪れる
浅草雷門そばにある公園の中に、女性の背丈ほどの緑が生い茂る隙間を通り抜けた一角で、30年間もひっそり生活を続ける女性ホームレス。

「ずっと公園で寝る生活です。もう年で、まともに働けないから、男の人に“施し”を受けて、なんとか生きています」

深田絹江さんには力仕事をする体力は残っていませんが、薄っすら夜が明けはじめ、眠りから目を覚ますと、あ~まだ生きてるのね!と感じるようです。
そのたびに、今日一日を生き抜くため、カラダを張って収入を得ています。
それは、あまりにも過酷で、これが今の日本の現実です。

「男の人に“施し”を受けて、なんとか生きてます」

深田さんの語る「施し」とは“売春”を意味します。


スポンサーリンク

なぜホームレスになったのか

初めは信じられませんでしたが、彼女は現役の売春婦。
でも、どうして彼女は、ホームレスに身を転じなければいけなかったのでしょうか?

「もう30年もやってるからね、理由なんて忘れちゃった。でもそんなものですよ。

最初から家のない暮らしをしようと考えている人なんていないんだから。みんな何かの拍子でホームレスになるの。」

深田さんは、浅草寺横の人通りの多い、にぎやかで、楽しそうな笑顔で溢れる仲見世通りの片隅で、冷たい地面にシートも引かず、お客を待ちながら、過去を振り返りながら、こう語ってくれました。

「昔は気前よく5,000円払ってくれる人もいたけど、数年前から金額が明らかに少なくなって。

最近は1,000円とか500円玉を出して『最後まで』なんて方もいます。ときどき冷やかしで若い人が来てね、『ババア気持ち悪いんだよ』とかなんとか言われたりもする。アナタたちに迷惑かけてないでしょって追い返すけどね」

加齢を重ねた彼女のお客は現在、同じ年代のホームレス仲間が週1、2人やってくるだけのようです。

「昔はね、これでも週に1,2万円ぐらいは稼いでいたのよ。今の稼ぎは食事代にすらならないけど、ないよりマシ。

最近は段ボールで寝ていると体の節々が痛くなるし、もう長くないかもね…」

深田さんの施しを受けた男性は射精の瞬間、天国にも昇る快楽だったでしょうけど、500円でカラダを売った彼女は地獄のような瞬間と感じたのは私だけでしょうか。

屋根もない寒空の下、日本にはこういう現実もあることを知っておいたほうがいいかもしれません。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 介護には「性的介助」が存在する?とんでもない内容が判明