女性専用車両の男性トラブル、イケメンなら許せる?セクシー女優壇蜜が物申す

体験談


男性の皆さん、女性車両に間違えて飛び乗った経験はありますか?そこにいる女性達は、こんなことを考えています。間違えて乗車しただけのなのに怖い!!でも、イケメン男性なら許されるのかもしれません。


女性専用車両に間違えて乗ってしまったある男性の事件……

間違えて女性専用車両に乗ってしまった男性が今日もまた、一人。

彼は人が多く移動が難しい為、車両に両手を付け目的地に到着するのを待ち続けました。

早く目的地に着かないか、ヒヤヒヤだったことでしょう。すると、一人のオバサンが・・

「あんた、わざと女性専用車両に乗ったんでしょ!」
「恥ずかしいと思わないの!?」
「降りろ」

どこでも、こんな強めのオバサンが1人や2人はいますよね。怒鳴るオバサンの暴言に女性専用車両の空気が張りつめました。

「すみません・・・急いで間違えてしまいました。。。」

おばさんに平謝り状態の男性。可哀想ですね……。なのに、おばさんの暴言はまだまだ終わる事を知りません。

「気持ち悪い」
「怖くて電車乗れなくなるわ・・・」

扉を向いて、下を向いたままの男性。周りの方も気の毒そうに見守っています。暴言のような小言はまだまだ続きます。

男性に手を差し伸べたOL

すると、偶然隣に乗車していたOLが・・・

「もう、責めるのは辞めません?」
「彼だって、今移動したくても出来ない状態な訳ですし・・・」

隣にいたOLが、オバサンを諭します。しかし、OLにそう言われても、今さら簡単に引き下がれない様子で、

「気持ち悪くて無理だわ!!こういうの犯罪なんじゃないの?」

間違って乗車してしまった男性を罵りつくし、更には犯罪者扱い・・・

「犯罪行為じゃないですよ。」

「女性専用車両は、法律的には男性も乗車してOKな車両なんですよ。」

「鉄道会社の配慮と、男性の協力によって成り立っているだけなんです。」

これにはオバサンは何も反論できず、シュンと小さくなってしまいました。そこにOLの最後の追い打ち……。

「間違ったって本人も言ってるのに・・・」
「あなたのせいで、この男性が可哀そうですよ。」

女性専用車両に協力してくれる男性の思いやりに感謝しよう

女性専用車両は、鉄道会社と男性の「思いやり」によって成り立っている車両です。

もちろん、女性専用車両を狙って乗車してくるような人は、怒られても仕方ないですよね。しかし、間違えて乗車してしまった人を罵るような事をしてはいけません。

「ありがとうございます。」

男性はOLにお礼を告げ、次の駅で降りて行きました。私達もこのOLのように、「思いやりの仕組み」を理解し、感謝できる人間になりたいですよね。

しかし、女性車両に間違えて乗っただけで、こんな仕打ちを受けなければならないのでしょうか?

実は、男性の方々、これで煮湯飲まされた方たくさんいるのです。

男性が誤って女性専用車両に乗り込むことは良くあることなの?


1 2 3