女性専用車両に間違えて乗った男性。ボロクソに怒鳴るおばさんにOLの放った一言…

女性車両に間違えて飛び乗った経験はありますか?

そこにいる女性達は、こんなことを考えています。
間違えて乗車しただけのなのに・・怖い〜〜



スポンサーリンク

女性車両に間違えて乗ってしまったある事件・・

女性専用車両に乗ってしまった男性

間違えて女性専用車両に乗ってしまった男性が今日もまた、一人。
彼は人が多く移動が難しい為、車両に両手を付け目的地に到着するのを待ち続けました。

早く目的地に着かないか、ヒヤヒヤだったことでしょう。

すると、一人のオバサンが・・

「あんた、わざと女性専用車両に乗ったんでしょ!」
「恥ずかしいと思わないの!?」
「降りろ」

どこでも、こんな強めのオバサンが1人や2人はいますよね・・・
怒鳴るオバサンの暴言に女性専用車両の空気が張りつめました。

「すみません・・・急いで間違えてしまいました。。。」

おばさんに平謝り状態の男性。
可哀想ですね・・

なのに、おばさんの暴言はまだまだ終わる事を知りません。

「気持ち悪い」
「怖くて電車乗れなくなるわ・・・」

扉を向いて、下を向いたままの男性。
周りの方も気の毒そうに見守っています。

暴言のような小言はまだまだ続きます。
・・・もう、許してあげて!


スポンサーリンク

男性に手を差し伸べたOL

すると、偶然隣に乗車していたOLが・・・

「もう、責めるのは辞めません?」
「彼だって、今移動したくても出来ない状態な訳ですし・・・」

隣にいたOLが、オバサンを諭します。
しかし、OLにそう言われても、今さら簡単に引き下がれない様子で、

「気持ち悪くて無理だわ!!こういうの犯罪なんじゃないの?」

間違って乗車してしまった男性を罵りつくし、更には犯罪者扱い・・・

「犯罪行為じゃないですよ。」

「女性専用車両は、法律的には男性も乗車してOKな車両なんですよ。」

「鉄道会社の配慮と、男性の協力によって成り立っているだけなんです。」

これにはオバサンは何も反論できず、シュンと小さくなってしまいました。

そこにOLの最後の追い打ち・・・

「間違ったって本人も言ってるのに・・・」
「あなたのせいで、この男性が可哀そうですよ。」

思いやりに感謝しよう

女性専用車両は、鉄道会社と男性の「思いやり」によって成り立っている車両です。
もちろん、女性専用車両を狙って乗車してくるような人は、怒られても仕方ないですよね。

しかし、間違えて乗車してしまった人を罵るような事をしてはいけません。

「ありがとうございます。」

男性はOLにお礼を告げ、次の駅で降りて行きました。
私達もこのOLのように、「思いやりの仕組み」を理解し、感謝できる人間になりたいですよね。

しかし、女性車両に間違えて乗っただけで、こんな仕打ちを受けなければならないのでしょうか?
・・実は、男性の方々・・これで煮湯飲まされた方たくさんいるのです。

実際良くあることなの?

はい、結構間違ってしまう方は多いようです。
実際の体験談をご覧下さい。

・・皆さんこんなこと考えてたんですね。コワすぎ

女性側の声

・女性専用車両にイケメン乗ってたときの周りの反応がおっさんと違いすぎておもしろいよ~

・今女性専用車両に間違えて男の人乗って来て車掌さんに怒られたんだけど、
そのあと恥ずかしかったのか猛ダッシュで逃げてた(笑)なんかかわいそうだ(笑)

・女性専用車両に男性一人。こういう時、みんな言いますか?

・今電車待ってたら、女性専用車両に男性が4名ほど乗車している模様ですとアナウンス流れた。
なんか面白かった。

女性からしたら、男性が乗るのは違和感を感じるし、乗るべきではないと言うのが一致した見解です。
しかし、男性の気持ちもわかり・・気の毒だという意見が結構出ていました。

男性側の声

・間違って女性専用車両に乗ってしまい注意された

・間違えて乗った女性専用車両で正義のヒーローおばさんに注意されて途中下車。
言い方きつすぎて涙目。平日は終電まで乗っちゃあ行けないみたいです。みなさんお気をつけて。

・飛び乗った電車が女性専用車両で5分ぐらい気づかなくて やんわり注意された 清水寺戻って飛びたい

・乗っちゃった・・顔面蒼白。
周りの女性になんて思われているか分かったもんじゃ無い。
しかも、誰も何も言ってこないし…冷たい視線やめてほしい・・

・もっと、わかりやすく大きく女性車両と書いてくれればいいのに・・
わかりにくいよ(ー ー;)

・急いでいる時に乗っているから、気付きにくい、わかりにくい。

経験された方々、女性専用の時間帯がわからない・・
という方もかなりいらっしゃいましたね。

とにかく、冷や汗もので2度とゴメン!!らしいです。

国土交通省の見解

明治33年にできた、鉄道営業法にこのように記されています。

女性のために設けた待合室や車両に制止するのも聞かずに男性が入った場合は科料を貸す

しかし、鉄道営業法は現在の状況に即していないとの見解があり、
国土交通省は法的な根拠はなく任意の協力をお願いしているというスタンスでいます。

現在各鉄道会社で導入されている女性専用車両については、あくまでも利用者
のご理解と任意のご協力のもとにおこな話rているものであり、法的な根拠はなく、
女性専用車両はあくまでも男性利用者の任意のご協力のもとに実地されているものであることから、実際の運用に際して、駅係員等が誤乗車された方に対して呼びかけ、ご協力をお願いすることはあると考えます。
しかしながら、強制的に降車させるような行為は不適切と判断されることから、そのような事実があれば指導して参りたい。

ウーん、基本は乗らないで!なんですね。
でも・・間違える分には乗車自体は禁止ではないのですから、怒られる筋合いもないですよね。

いかがでしたか?

世の中には女性専用車両の他にも思いやりによって成り立っている仕組みが沢山あります。

女性専用車両は法律的に、男性も乗車可能は車両です。
しかし、ほとんどの男性は、鉄道会社の考えに賛同して女性車両を避けて乗ってくれています。

ですから、駅員さんの制止を振り切って乗る人は攻められても仕方ないですが、
間違えて乗ってしまった男性に、暴言を吐き、攻め続けるのは実はおかしなことなのです。

間違えて乗ってしまった、男性側も居心地は悪いのですから。
ですから、お話に出てきたOLのように女性側も思いやりを持つことが大切ですね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 電車内で迷惑をかける女子高生に言い放った女性部下の行動