「フェミニストはうざいブス女」偏見の塊な男性に教えたい本当の意味

仕事・ビジネス


近年よく聞く「フェミニスト」とは、どんな意味?

”女性優遇を主張するうざい女性”と偏見されがちですが、今では男性を指す意味合いもあるんです。

国連で英女優のエマ・ワトソンが話したスピーチや、フェミニズムについて学べる本と映画もご紹介。

日本でも広まってきた「フェミニスト」な考え

最近海外では、影響力のある若いフェミニストな女性セレブ達が、フェミニズムに関する問題に立ち向かうケースが増えています。

英女優のエマ・ワトソンが国連のスピーチで「男女平等社会」を訴えたのは、有名ですよね。

@emmawatson)さんの投稿

いま現在もハリウッドのセクハラ問題が大きな問題となっているアメリカでは、2017年に「フェミニズム」が今年の言葉に。

それほど今、フェミニストやフェミニズムはかなり話題となっているのです。

フェミニストは「ブスでうざくて嫌い」反対派意見も

しかしそういった「フェミニスト」な方達に対し、偏見や批判があることも事実です。

反対派である”アンチ・フェミニスト”の方の多くは、フェミニストは

  • 女性の権利を過剰に主張して騒いでる
  • 男嫌い
  • 女性優遇を求めている

と思っているのではないでしょうか。

現にフェミニストとネット上で検索すると、

「頭おかしい」「ブス」「うざい」「嫌い」

などのネガティブなワードが、サジェストキーワードとして現れます。

またタレントのマツコ・デラックスも、出演した情報番組で

”仏女優のカトリーヌ・ドヌーヴがフェミニストに批判されたことで、性暴力被害者に謝罪した”

ことが取り上げられた際、

セクハラをいままで受けたこともない、想像だけでセクハラを語っている超ブスなフェミニスト
出典;wezzy|ウェジー

と発言。フェミニストに対し、偏見的な考えを持っていることが明らかとなりました。

マツコ・デラックスの発言からも分かるように、一部ではいまだ

フェミニストはブスで男に縁がなくて、セクハラの被害に遭うような人間ではなく、口うるさく批判ばかりする存在
出典;wezzy|ウェジー

というイメージがあるのです。

「フェミニスト」の本当の意味とは?

ですが「フェミニスト」という言葉はもう、女性だけを指す言葉ではありません

Young girls protest at the Women's March holding feminist signs and posters

例えば、2016年に日本で放送された人気ドラマ『ゆとりですがなにか』では、風俗店の呼び込みをする男性が、「自称フェミニスト」というキャラクター設定でした。

その男性は風俗店の呼び込みのため街中で「おっぱい」を連呼する自身の先輩に、

そもそも公衆の面前でおっぱいおっぱい叫ぶのってどうなの?ってのがあり、すごい小さくて悩んでる人もおれば、どえりゃーでかくて悩んでる人もおるし

とフェミニズム的な考えを訴えていたのです。

広辞苑が「フェミニスト」の意味を変更→男性も指す言葉に


1 2