刻みのりが原因の食中毒。その真相に下請け会社の言い訳がカスすぎ…

立川市の7つの小学校で1000人余りがノロウイルスによる集団食中毒の原因が『刻みのり』だと話題になりました。

その下請け会社の実態が明らかに!
ありえません!!



スポンサーリンク

下請け会社のありえない言い訳

2月に発生した1000人以上の人が感染したノロウイルス
その原因が『刻みのり』だったと、話題になりましたよね。

その製造元は、大阪市内の海苔メーカー『東海屋』

下請け会社『いそ小判海苔本舗』の社長がメディアの取材に応じ、ありえない事実が発覚したのです!



社長は記者に対し、

「ノロウイルス はやっていましたね」
「一応やっぱり多少 吐き気がした時期がありましたし」

まるで他人事のように対応したのです!

自分たちが作ったものが原因だと分かっているのでしょうか!?

その後も、

「たまたまノロウイルスの菌があったのが問題でね」
「なかったら こんな事件生じないです」

あくまで『たまたま』菌があり、自分は悪くないという主張です。

もし、もっと危ない菌が発見されていても同じことが言えるのでしょうか…。

今回の食中毒でも病院に搬送された人はいます。

もしかしたら命を落としていたかもしれないのに…。

無責任すぎます!!

原因は杜撰な品質管理

さらに問題が発覚します。

なんと、作業中に手袋をしないで素手でのりを触り作業していたと言うのです!

信じられません…。
これだけ世間で異物混入や食中毒のことを言われているのにバカじゃないの!?

東海屋との契約では、手袋着用を義務付けていたといいます。

しかし下請け業者は作業効率を求めて、手袋をしないで作業を進めていたそうです。



もしかしたら、きちんと手袋をして作業していたらこんな事態にはならなかったかもしれません。

人の身体に入るものを作っている。
それで健康を害するどころか、死にいたる可能性もある。

そこをしっかり頭に入れ、もっと衛生面に気を使ってもらいたいですね!

そうでないと、怖すぎて何も食べれなくなってしまいます…。


スポンサーリンク

問題の事件概要

そもそも、その食中毒の事件はどんなものだったのでしょうか?
『食中毒=生もの』という意識を覆すことなので、詳しくみていきましょう。

発覚したのは2月17日以降でした。
東京・立川市の小学校で1000人あまりが集団食中毒となり、問題になったのです。

しかも、このうち児童9人が一時入院する程の被害に…。

東京都は、原因は給食の親子丼に使われていた『刻みのり』と発表したのでした。



刻みのり=食中毒・・・。
いまだにしっくりこないですよね。

乾物でもなることに驚いた人は多かったと思います。

しかも飾りにのっている少量で、ここまでの被害になるのは、ノロウイルスのすごさを語っていました。

製造元は大阪、産地は…

その刻みのりを製造したのが、大阪市の『東海屋』でした。。

仕入れ先に保管されていた同じ賞味期限の未開封ののりから、ノロウイルスが検出され、患者のウイルスとも一致したことから判明したのです。

また、1月下旬には和歌山県で、小中学校や幼稚園で出された給食が原因とみられる集団食中毒が発生しています。

他にも2月23日から27日にかけ、東京・小平市で、給食を食べた児童や教職員90人余りが、おう吐や下痢の症状を訴えていました。

これらは、給食に同じ刻みのりが使われているということで、関連を調べています。

東海屋は自主的に商品回収を行っており、

「お客様にご迷惑をおかけし大変申し訳ない。商品の回収に全力を尽くします」

とコメントしています。

気になるのはこの『のり』の産地ですよね。

「韓国だったら、納得!」という声も多いようです。
良かったのか、悪かったのか、のりの産地は兵庫県産でした。

しかし、確かにニュースのパッケージは兵庫県産だったのですが、その画像が、使われた刻み海苔なのかは不明です。

「本当に食べてたのは韓国産だろ」というコメントも…。

乾物や焼いてあるものまで食中毒の対象となると、もう何を気をつけたらいいのかわからないですね。

今回の事件は国民に恐怖をきざみつけたのかもしれません。

ネットの反応

・刻み海苔で、ノロウイルスってなるの?!(笑)

・ちょっと軽く海苔パニックが起きてると思う

・焼き海苔からノロウィルスかぁ。国産だそうだけど、どの時点で入ったんだろ

・大量に食べるわけでもないごくわずかな刻み海苔でノロウイルスかー。O157並の菌数で発症するノロの威力強さを改めて実感した

・想定外すぎる…こんなん防げんわ

今回のことは、本当に想定外の事件でしょう。
そのため、のりが怖いと『海苔恐怖症』になる人も少なくないようです。

安全な食事が確立される日は、いつになるのでしょうか…。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 「クソガキ」が大炎上。ホームランをキャッチした高校生の末路…