永遠の赤ちゃん。発達障害で大人なのに幼児のままの女性が話題に。


『永遠の赤ちゃん』そう呼ばれている女性を知っていますか?

赤ちゃんのまま年だけを取るという難病を患っているそうなのです。一体どういうことなのでしょうか?



スポンサーリンク

永遠の赤ちゃん『マリア』

その女性は、ブラジルに住むマリア・アウデテ・ド・ナシメントさん。

1981年5月7日生まれ。しかしその姿は生後9ヶ月の赤ちゃんのまま…そこから成長が止まってしまったのです。

顔立ちは普通の赤ちゃんより大人びているかもしれませんが、どうみても35歳には見えません。

何が起こったの!?と不思議に思いますよね。マリアさんの症状は、甲状腺機能低下の極端なケースで、甲状腺が通常分泌すべきホルモン量の深刻な欠乏によるものだと言うのです。


1 2 3 4

footer-image