福山雅治も寄る年波には勝てない!?かつら疑惑に意味深発言

芸能


福山雅治といえば 男性からも女性からも憧れの的、まさに色気たっぷりな大人の男というイメージがありますね。そんな福山雅治に植毛?カツラ?疑惑が!?今回は福山雅治の髪の毛事情についてまとめました。

福山雅治に植毛?カツラ?疑惑

日本を代表する歌手であり、俳優の福山雅治

内側から溢れ出る渋い大人の色気があり、女性だけでなく男性からも憧れの存在です。

また、観光大使の活動や、深夜ラジオでの度重なる下ネタ発言などから、親しみやすさも感じることができるのも魅力ですね。

@termwipa)さんの投稿

そんな福山雅治に数年前からハゲ・カツラ・植毛という噂が浮上しています。

今回は福山雅治の気になる髪の毛事情について、噂の真相を検証していきます。

福山雅治のハゲ疑惑はあるCM放送後からはじまったという。 福山雅治は元々つむじ周辺が薄かったそうで、それが数年後のあるドラマで、ぎっしりと髪の毛が生えていて、黒々としてたという。 福山雅治は、数年前にテレビに全然出ていなかった時期があり、その頃に植毛をしたという噂。

引用元:NAVER まとめ

福山雅治といえば「男前」の代名詞として有名な芸能人であり、その名前を知らない日本人はいないと言って良いでしょう。

女優の吹石一恵と結婚した際も大きな話題になりました。まさに美男美女のビッグカップルですね。

自身の結婚の発表により事務所アミューズの株価が一気に暴落・・・ 経済をも左右する福山雅治、恐るべし…。

吹石一恵がバツイチ?福山雅治と別居で離婚確定なのか?子供はどうする?

福山雅治、カツラ&ハゲ疑惑を払拭!?

福山雅治の場合はフサフサの黒髪が特徴ですが、写真や画像によって急に毛量が増えたり、減ったりしているように見えることがあります。

確かに、毛量がそこまで増減するというのは怪しいですよね。

それらの噂が加速していき、ついには「福山雅治 ハゲ・カツラ・植毛」という話が広まったというわけです。

福山雅治は実際にはハゲているのではなく、少しおでこが広い人という印象でしょうか。

髪の毛を分けていたり上げていたりすることが多く、おでこを見せるヘアスタイルも良くあります。

そうなると、角度によってはおでこが広く見え「ハゲている」という感想を抱くこともあるかもしれませんね。

ハゲやカツラを疑うにはおでこの生え際をじっくり見るのが一番です。

福山雅治の生え際はどうなっているか見てみると、よくある「M字」の状態になってはいませんし、髪が薄くなって頭皮が見え隠れしている、なんていうこともありません。

福山雅治自宅マンション侵入のコンシェルジュ宮本万里子を逮捕!ご尊顔がこちら【不法侵入】

カツラ疑惑に対し、福山雅治が断髪式を決行?

髪の話題があまりにも多かったせいか、福山雅治はカウントダウンライブの中継で、ロン毛を切るという断髪式まで行っています。

もちろん、ライブの演出でもありますが、カツラ疑惑をはらしたかったのかもしれませんね。

また、ライブ中は髪の毛をかき上げたり、激しく頭を振ったりするシーンも度々見られます。

もし本当にカツラを装着していたとしたら、あんなにかき上げたり、堂々と額を出した髪形にできませんよね。

オールバックの状態にスタイリングができるのは、やっぱり髪に悩みを持っていないからこそだと考えられます。

ですから、カウントダウンライブの中継での断髪式はカツラではないことを証明する決定打となりました。

さらに髪の毛の長さを見て、植毛の可能性も少ないのではないかと考えられます。

福山雅治、カツラ疑惑に意味深発言

福山雅治は自身が務めるFMラジオ番組で、自身の髪に関する疑惑について 「まぁいろいろありますよ」と意味深に笑ってごまかしたことがあります。

たしかに髪型によってはおでこはあがってるような気もしますね…。

年齢やもともとの髪質によるものとも考えられます。

あるテレビ番組でタモリと話しているときに、 タモリの「キテる?」という問いに対して「キテますね。」と答えるワンシーンも。

福山雅治、カツラ疑惑は妬みや嫉妬から?

「龍馬伝」のなかででてくるヘアスタイルを分析すると、 やはりあのオールバックはカツラではでないと考えられます。

ではどうして福山雅治のハゲ説・カツラ疑惑が浮上したのでしょうか?

それは、妬みや嫉みがあったと考えられます。

特に福山雅治のように何でも持っているスーパースターに対しては、嫉妬する人も多いことでしょう。

@ilovemasha77)さんの投稿

福山雅治の髪の毛は加齢により確かに若干の薄毛の進行はみられるものの、 カツラや植毛ではなく地毛の可能性が圧倒的に高いといえます。

年を追うごとに渋さと色気を増していく福山雅治は永遠のスターといえるでしょう。

ぜひ今後の芸能活動も私生活も充実させて、輝きを放つ存在を維持してほしいですね!