ガチンコファイトクラブ一期生(網野泰寛)の現在。見た目も仕事も激変しすぎてヤバイ!

ガチンコファイトクラブ一期生の現在

見た目も仕事も激変しすぎててヤバイ!


スポンサーリンク



一期生(網野 泰寛)の現在

ガチンコから17年も経ってるのが衝撃

17年も経てば変わるよね!

いい人すぎてわろたw

母はプリザーブドフラワーデザイナーの網野妙子です。

 

17年か・・・

 

ヤラセ疑惑も・・・

『ガチンコ!』も『鉄腕! DASH!!』同様、

「TOKIOが体当たりで様々な企画にチャレンジする」

というコンセプトでスタートした番組です。

 

にも関わらず、『鉄腕! DASH!!』は今も高視聴率を連発しつつ、

民放連から「青少年に見てもらいたい番組」に選ばた一方、

『ガチンコ!』は放送末期に目も当てられない低視聴率となり、

PTAから「親が子供に見せたくない番組」に選定されています。

 

「このあと、とんでもない事態に!」

→何も起こらない、の連続だった

 

ひとえにその原因は、過剰演出の多さにありました。

不良がプロボクサーを目指す同企画。

 

登場する不良たちの多様な個性、

コーチを務める元世界チャンピオン・竹原慎二の

スパルタ指導がウケて、

たちまち番組を代表する人気コーナーとなりました。

 

しかし、あまりにご都合主義な展開

(例えば、カメラが回っているときだけクラブ生同士が喧嘩をするなど)に、

開始当初から「やらせでは?」との疑惑が噴出。

 

『ファイトクラブ』以外でも、

やらせと思しき企画を量産していた『ガチンコ!』には、

当然、視聴者からのクレームが殺到。

 

さらに、同番組を問題視した放送倫理・番組向上機構(BPO)からは

疑惑に対しての説明を要求されます。

 

決定的だったのが、台本らしきものを腰に挟んだ竹原の写真や、

その台本の全文が週刊誌上に掲載されてしまったこと。

 

こうした物的証拠の数々が『ガチンコ!』を窮地に追い込んだのです。

 

『ファイトクラブ』以外でも、

やらせと思しき企画を量産していた『ガチンコ!』には、

当然、視聴者からのクレームが殺到。

 

さらに、同番組を問題視した放送倫理・番組向上機構(BPO)からは

疑惑に対しての説明を要求されます。

 

しかし、あろうことかTBSと製作担当者はこれを拒否。

やらせが存在した事実を一切認めないまま、

逃げるように『ガチンコ!』を終了させてしまったのでした。

 

動画:【ファイトクラブ】伝説のTV番組「ガチンコ!」のやらせ疑惑一覧まとめ!!!

引用:http://www.youtube.com/watch?v=84TcvLDiwX4

動画:【衝撃】ガチンコファイトクラブ ヤラセ疑惑 ヤバイ卒業生(1期/2期/3期/4期/5期生)総登場!竹原慎二・畑山隆則・辰吉丈一郎

引用:http://www.youtube.com/watch?v=9oU1xMV0zwk

面白かったですが

当時からヤラセ疑惑は有名でしたね。

 

ただ、個人的には

テレビはショーであり、

エンタメなんだから台本があるのは当たり前かと思います。

 

それをやらせだ、台本ありきだと、

わざわざ分かりきってることを訳知り顔でいうのは

無粋で滑稽だと思います。

 

ヤラセだって楽しめたんだからいいだろうと。

あの台本を書いたディレクターに感謝。

TVを楽しむってのはそういう事なんじゃないかなと思います。


スポンサーリンク