GACKTが抜き打ち薬物検査!「人前に立つ者がなにやってんだ!」

GACKTさんが薬物検査を受けた事をブログで公表しました。

場所はさいたまスーパーアリーナで、

開催しているライブの合間に「抜き打ち」で行われたそうです。

そこには確固たる信念がありました!


スポンサーリンク



最高、最強のファミリー

検査を受けたのはGACKTさんのライブに参加している

スタッフやメンバー全員です。

21721_07

GACKTさんはみんなの事を「GACKTファミリー」と呼んでいて、

本当の家族のような絆で繋がっていると話しています。

 

検査はライブの始まる前で、

検査薬などが準備された部屋で行われました。

 

みんなはうろたえるかのように検査を受けていました。

と、思ったら全くの逆で、

笑いながら積極的に検査を受けていました。

 

全員が取り憑かれたように、

他のどのアーティストにも負けたくないと

そう心の底から自負できる世界を、

その世界で最高のパフォーマーでありたいと

自身共に納得できるだけの努力を、

惜しみなくやってきた。

 

だからこそ言える。

【最高、最強のファミリー】だと。

 

結果は全員シロ

GACKTさんは突然の抜き打ち検査について、

全く問題ない旨を綴っていました。

 

21721_06

 

GACKTファミリーにファンを裏切るような人間はいない。

いつどんな場所でも笑って検査を受けることができると。

 

実際、検査会場では、

笑いながらこんな言葉が語られていたそうです。

 

『そんなバカなことをやるファミリーじゃ無い』

 

ブログの最後にGACKTさんはこう語ります。

仲間やブレーン、

自分のメンバーやチームを信じてないわけじゃなく

むしろ信頼してるからこそこんなことがいつでも抜き打ちで出来る。

 

ボクたちはオマエを裏切らない。

 

クスリなんてのは、

ボクからすれば裏切りの何物にも他ならない。

 

アーティストや芸能人が何かと薬物と結びつけられてしまう

マスコミの風潮にもボクは心痛めているし義憤も感じる。

だが、現に薬物で捕まるアーティストやスポーツ選手がいることが本当に腹立たしい。

 

『人前に立つ者が何やってんだ!!』

 

その個人が過去に、どれだけの功績を残したか、

素晴らしい人かどうかなんてのは全く関係ない。

 

応援してくれているファンを裏切る行為でしかないということだ。

 

本来、ファンとアーティストの間には

強い信頼関係が築かれていなければならない。

 

ボクらが必死に肉体も精神も毎日毎日、

ライブの始まる前でさえ、必死に鍛えるのも同じ。

オマエの期待を裏切れないからだ。

 

いや、むしろオマエの持っている、

ボクらに対する期待値をボクらが何処まで越えられるかがGACKTの、

そしてGACKTに関わる者の有りようなのだろう。

 

それがGACKTJOBの、GACKTファミリーの

無言のルールであり、その上で、

ファミリーとしての結束は更に強くなる。

 

さて、残りのライブもイケるところまで突っ走るか。

たとえ、このカラダが動かなくなるとしても。

 

GACKTさんの「ボク達はオマエを裏切らない」という言葉。

 

飾らない真っ直ぐな言葉が胸に響きます。

全ての方が胸を張って伝えていけるようになればいいなと思いました。


スポンサーリンク