「がん」にかかった人の決定的な症状!これがマズイと感じたら危険信号だった・・・

日本人の2人に1人ががんにかかり

3人に1人ががんで死亡するという恐怖の病気「がん」

もし、がんを患った場合、早期発見が生存率向上に繋がります。

今回はがんにかかった人の決定的な症状を紹介します。


スポンサーリンク



そもそもガンとは?

ガンは体内に生じた異常な細胞が

生体の調和を無視して無制限に繁殖し、

近辺の組織をおかしくしたり、

血液やリンパなどを介して他の組織や臓器に転移し、

臓器不全や様々な病的状態を引き起こす患者を死に至らしめる病気です。

 

簡単に言うとガンは

体内の無数にある細胞の中で異常な悪い細胞ということです。

 

ガンが発生すると遺伝子が放射線やウイルスによって傷つき

突然変異的なことが発生すると言われています。

 

ガンは高齢者ほどかかりやすい

40歳の人と80歳の人ではがんにかかる割合が

年齢比の4乗(16倍)に跳ね上がるといいます。

 

その他がんの発症には喫煙や過度の飲酒、

ストレスや栄養と睡眠不足など、

様々な要因が蓄積されて発症するようです。

がんにかかった人の特徴

がんにかかった場合、早期発見が生存率を高めます。

 

最近のがんは自覚症状がないまま

病状が進行することが多いといわれていますが、

多くのガン発症者の共通した自覚症状として

「お酒がマズく感じるようになった」ということが挙げられています。

 

fdako

fkas

 

アルコールそのものが発がん性があり、アルコールの摂取によって

アセトアルデヒドが食道がんの原因になるといいます。

過度の飲酒はがんの原因となるため、

お酒の味がマズく感じたら要注意ですね!

まとめ

現代のがん治療は手術のみならず、放射線や薬物治療など

幾つかの治療方法を組み合わせる集学的治療が一般的になっている。

 

個人のがんの特性に合わせて個別的に治療することによって、

生存率も向上しているようです。

 

しかし、がんの治療には膨大な費用と長い期間がかかるため、

日頃から準備と知識をしっかりと心得ておき、

がんにかかることなく寿命を全うできることが望ましいですね!


スポンサーリンク



関連記事

発がん性があるものはアルコールだけではありません。

こんな意外なものでも発がん性があります。

⇒ ペットボトルのお茶はお茶ではなかった!缶のお茶も危険・・・(衝撃事実発覚)

 

⇒ 水素水の効果はウソ?国立研究所の研究結果で危険食品に認定・・・