芸能人の未解決事件…あの有名な5つの事件に隠された事実…

芸能


人気絶頂期に突然亡くなった数々の芸能人

その裏側に隠された驚愕の事実が話題になっています。


芸能人未解決事件に隠された事実

伊丹十三(享年64歳)

@storagestore_abe)さんの投稿

1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見されました。

事務所にワープロ印字の遺書らしきものが残されており、そこに

「死をもって潔白を証明する」

との文言があったが、死の真相は依然として謎となっています。

また、伊丹はレタリングデザイナーとして日本有数と自負する存在であり、書き文字には人一倍の愛着とこだわりを持っていたことから、遺書が手書きでなくワープロで打たれていた点が不自然と判断。

伊丹の自殺の背景には「医療廃棄物問題」も関連していると言われています。

飯島愛(享年36)

多彩な経歴や個性的なキャラクターでバラエティ番組から引っ張りだこだった飯島さん。

亡くなった後は、薬物死亡説やあのASUKAとの交際も発覚…

@chee828)さんの投稿

【事件の詳細】

2008年12月24日、東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの自室にて死亡。

親戚の女性に発見されました。

その後、警察の調査によって、発見時から死後1週間ほど経過していたことから、死亡推定日は12月17日前後とされています。

しかし、24日に担架に乗せられて運ばれる飯島さんを見た人が

「苦しそうな表情」

「顔色が悪かった」

と話していることが報道されており、この話が真実であれば、死亡推定日時にはまだ彼女は生きていたことになります。

遺体からは覚醒剤反応が出たという噂が流れたが、結局警察は直接の死因は肺炎だと発表。

しかし、その後も別の薬物による死亡説や飯島が始める予定にあった事業の金銭トラブルなど死の謎が飛び交いました。

飯島さんの死亡が報道され、ASKAが突然パニックに陥る事態に…。

@aska_official921)さんの投稿

信頼する芸能界の有力者らに、「どうしよう、やばいことになった」と相談をし始めた。

その内容というのが

「彼女が亡くなる数カ月前に彼女のマンションで
MDMA(合成麻薬)を使って交友していたところをビデオに撮られてしまった」

という内容でした。

そのピデオテープは飯島さんの死亡が明らかになってから、

「警察がマンションに来るまでのあいだに持ち去られてしまった。
持ち去ったのは、彼女の知人の会社社長ではないか」

とも話していた。

女子高生コンクリート詰め殺人事件にも関与していた?

事件当時、飯島は主犯の少年と交際。

被害者の監禁場所に居合わせることもあり、事件現場で被害者の少女の顔にマジックで落書きをした人物こそが飯島愛だというのです。

飯島と交際していたとされる主犯の少年は懲役20年。

2008年ごろに刑務所から出所したと言われています。

元恋人が社会復帰することで事件への関与が明るみになる可能性もあったのです。

このネットの噂について、飯島愛はブログで

「私は殺人事件に関わった事実はありません」

と否定していた。

入院中でもなく、突然「肺炎」で亡くなるのも不自然な気はしますね…

クスリと芸能界は切っても切れない世界なのでしょうか。

坂井泉水(享年40)


1 2 3