日本とドイツの働き方の違い!ドイツ人が羨ましい・・・


ブラック企業、長時間労働、サービス残業など日本ではそれが当たり前のようになってしまいました。

そんな中、ドイツの働き方が素晴らしいと話題になっています。



スポンサーリンク

日本とドイツの働き方の違い

1年間の平均労働時間は、ドイツが1366時間で日本の1729時間と比べ20%も短いです。

一方、労働時間あたりのGDP(国内総生産)はドイツが58.98ドルで、日本の39.45ドルのおよそ1.5倍もあります。

このデータから見て分かるようにドイツは日本と比べ、短い労働時間で結果を出し、質の良い仕事をしているようです。

量を重視する日本と質を重視するドイツ

日本では、仕事の量が重視されます

長時間労働がよいとされてきた影響で、今でも平日は朝早くから夜遅くまで会社で過ごすという人は少なくありません。


1 2 3 4

footer-image