タイの夜のお店ゴーゴーバーが神すぎる。これが男性の楽園か

1025_10

女の子が大好きな男性必見。

タイの夜のお店(ゴーゴーバー)が神だと話題になっています。

今回はその神すぎる内容とシステムを紹介します。


スポンサーリンク



ゴーゴーバーとは

ゴーゴーバーとは

一言にまとめるとクラブ型の店舗を利用した

顔見世売春斡旋場所』のことです。

 

日本で言う「飛田新地」のようなものでしょうか

 

ディスコのような内装のステージ上では

タンクトップやホットパンツ、水着や下着など

かなり肌を露出したセクシーな女性が踊っています

 

ステージを囲むようにテーブル席が用意されていて

そこに座ってドリンクを飲みながら女の子を物色できます。

 

気に入った子がいれば

女の子たちが付けている番号を

店のスタッフに伝えて席に呼ぶことが可能。

 

女の子にはドリンクを

奢ってあげることが暗黙の決まりです。

 

女の子を呼ぶかどうかは客の自由で

強制されることは有りません。

見て楽しんで帰ってもOKです。

 

ゴーゴーバーのシステム、遊び方

まずゴーゴーバーは女の子の連れ出しOK

(ていうかそれが目的)であるということです。

 

所謂女の子をお持ち帰りして、

自分の宿泊ホテルに連れ込むことが出来ます。

 

店内のシステム

日本のキャバクラのような時間制ではないので、

気に入った子を見つけるまで何時間いても良いのです。

結果、気が進まずそのまま帰ってもOK。

 

勿論、入場料も発生しません。

 

サービスレベルは日本並みを期待してはいけません。

但し外に連れ出せるなど自由度は比べ物になりません。

 

料金設定

ドリンク代は自分が飲んだ分と

女の子に奢った分の両方払います。

1杯100〜200バーツ

 

バーファイン(連れ出し料金の事)

大よそ600から1000バーツが相場(店へ払う料金)

 

女の子へのチップ代(行為代)

ショートとロングの2タイプありますが、

最低でも2500バーツ以上かかります。

 

※注意

注意したいのが、

ロングでOKしたとしても最初に全額払わないことです。

なぜなら、ロングでOKしていたのに

ショートで帰ってしまう子もいるようです。

 

後々トラブルにならないように、

交渉はしっかりとしましょう。

日本のように情なんてありません。

※為替は1バーツ=約3円です。


スポンサーリンク



お勧めゴーゴーバーのある場所は

タイにおけるゴーゴーバーの営業エリアは

首都バンコク、リゾート地のプーケットやパタヤになります。

 

バンコクの代表エリア

①ソイカウボーイ

バンコクのアソークにある歓楽街。

 

soicowboy

 

ゴーゴーバーやマッサージパーラーなど

風俗店が軒を並べています。

 

外国人観光客が多く訪れる場所です。

一押しのゴーゴーバーは『バカラ』

 

②ナナプラザ

特徴はゴーゴーバー入居している

大きなショッピングモールであるという事。

 

nanaplaza

 

場所は、バンコク・スカイトレイン(BTS)の

ナナ駅から約徒歩5分のスクンビット4通り沿い位置しています。

 

ここの人気No.1クラブは、

バンコクでもトップクラスの美女を揃えていることで有名な

『レインボーグループ(1から4まである)』です。

またニューハーフのお店も多いので、

事前チェック要です。

 

③その他の主なゴーゴーバーが楽しめる場所

バッポン、パタヤ、ウォーキングストリート、チェンマイなど

 

タイの歓楽街で絶対やってはいけない事

地元民が集まるお店は避けよう。

観光客向けの有名スポットで遊ぶことが安心です。

 

どんなゴーゴーバーでも、

絶対に地元タイ人と喧嘩をしてはいけない。

 

これは非常に大切なことです。

お店で踊り子やサービスの女性とトラブっても、

喧嘩を吹っ掛けてはいけません。

 

怖いセキュリティ(用心棒)が

出てきて忽ちフクロにされます。

 

しかも、

タイ人は地元民と外国人の喧嘩があれば、

まず殆ど地元民へ加勢します。

 

外国人同士の喧嘩は知らんぷりだそうです。

多少サービスに不満があっても、

日本ではないので我慢しましょう。

 

東南アジアは男子にとって夜遊び天国エリアですが、

調子に乗って地元民をバカにする態度はいけないということです。

 

ネットの反応

・ゴーゴーバーで踊ってるの指名しても

向こうがこっちを気に入らないと露骨に冷たい

指名せずに飲んでると踊ってない奴が

向こうからテーブルに来るからその中から選ぶと、

そいつらは愛想いい

 

・今、面白いのは屋台のキャバクラ

本当に屋台でキャバクラやってるw

もちろんお持ち帰りできる

 

・男なら一度は行ってみたいな( ´∀` )

 

・日本のキャバクラのように愛想は良くないし

態度も相手によって違う事は念頭に置いて楽しめ!

 

一昔前はフィリピンが

日本人男性にとって一番人気でしたが

現在はタイが盛んなようです。

 

男同士のタイ旅行は目的がほぼ”アレ”ですが、

あまり入れ込みすぎないようにしましょう。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 中国の売春事情。12歳から売春してた女の子がヤバすぎた

 

⇒ 14歳少女が誘拐後に強制売春。1日で110人にも犯されていた。