棋士・羽生善治が最強すぎて怖い…史上初の永世七冠達成なるか!?


日本では誰もが知るトップ棋士として活躍している羽生善治棋士。

羽生棋士は10月20日、史上初の永世七冠達成を目指し、将棋界の歴史を変える可能性のある試合に挑んでいるようです…。

史上初の快挙に挑戦

2017年10月20日、第30期「竜王戦」七番勝負(読売新聞社主催)が開幕しました。

挑戦者の羽生善治棋士(47)にとっては、将棋界の歴史を変える可能性もある試合になりそうです。

その理由として今回の七番勝負は、羽生棋聖にとっては7年ぶりの「竜王」挑戦と同時に、史上初の「永世七冠」をかけた戦いとなるからである。

第1局の会場は東京・渋谷の「セルリアンタワー能楽堂」で開催され、竜王戦としては28年ぶりの公開対局となる。

対局は午前9時、羽生棋聖の▲2六歩で始まった。

この試合には将棋ファンや関係者だけでなく、プロ棋士の方々も注目しており、羽生棋士の歴史を変える瞬間を待っているようです。

ちなみに平成の天皇陛下の趣味はまさかの麻雀のようです…

将棋界の永世七冠とは?

今回の七番勝負の結果次第で「永世七冠」を手にすることができる可能性がある羽生棋士だが、「永世七冠」とはどのようなものだろうか?

将棋界にはタイトルが8つほどあり、そのうち羽生棋士は「竜王」、新設された「叡王」以外の6タイトルで、殿堂入りの意味合いを持つ永世称号の資格を保持している。


出典;朝日新聞デジタル

竜王は通算6期で、「永世竜王」まであと1期となっている。

永世称号は、タイトルごとに定められた獲得条件を満たせば資格を得ることができ、原則として現役引退後に使用される。

今回の竜王戦の永世称号を取得できれば、将棋界では史上初の「永世七冠」という偉業を達成することになる。

ネットの反応

・こいついつも衰えてんな

・羽生九段とかいう過大評価

・将棋って日本人しかやってないだけあってヌルい世界だよな

・ここで竜王取ったらそのまま引退するんちゃうかって心配になるレベル

・羽生は衰えたとこ見たくないわ

・竜王だけ…竜王だけとってクレメンス…
出典;NEWSまとめもりー

今後の羽生棋士に注目ですね!