長持ちするヘアワックスの保存方法と、売れ筋ベスト3選

あの人は今 お役立ち


スタイリングに使用するヘアワックスのはしっかり保存していれば長期的に使え、長持ちするばかりでなく品質をしっかり保てます。逆に保存状態が悪いと劣化してしまうので、ヘアワックスの劣化防止と使用方法などについてまとめました。

ワックスの劣化が起こると

ヘアワックスは暑い場所に放置すると固形化して劣化します。中には固形で使えなくなってしまう状態になり、使用できなくなり捨てるしかなくなってしまいます。

無駄にしてしまう可能性もあるので常に保存する際には蓋を閉めて保存しておく事が大切です。

@reiko_umehara)さんの投稿

ワックスの寿命

開封済みのワックスは劣化する前に使用するのが理想です。ワックスの寿命は2年とも言われていて、質が下がるとワックスは劣化が続いてしまい。匂い成分なども半減してしまいます。

保存する際には暑い場所を避ける事は各メーカーからも取り扱いの注意として喚起しています。

メーカーの保障しているヘアワックスの使用期限があり未開封ならば3年以上使用する事が出来ます。出来れば無駄にしないでそのまま必要な時に使用しするならば保存方法はしっかり保ちたいところです。

@ri2ka__2d)さんの投稿

使用しないでそのままにしていると

保存せずに、そのまま放置することで、劣化してしまうこともあるのでワックスの保管は注意が必要です。

ヘアワックスの正しい保管については、冷暗所であること、温度差のない場所もベストな保管保存が可能です。

日当たりが良いバスルームでヘアワックスをそのまま気にしないで置いている男性も少なくありませんが、NGなケースです。

バスルームの日当たりが良い時には鏡の裏の収納などを利用してバスルーム内の日の当たらない収納に入れておくと便利に使用する事が出来ます。

ヘアワックスは透明ならば誰でも使用する事が出来、買いたいけど数回だけワックスを使用したい場合には利用してからすぐに蓋を閉めるようにしましょう。

そのままヘアスタイリング中に開けたままにしないで、スタイリングをしない時間は蓋を閉めておきましょう。

透明なヘアワックスは変色してしまうこともあります。

@masayoshioca)さんの投稿

空気と直接接触しないようにしましょう

空気に触れることで匂い成分が減少してしまい、更に手触り間も変化します。そのため、髪に塗りずらくなり、セットに時間がかかるようになってしまい手触り感や質感を落としてしまいます。

使用感がなくなってしまうとヘアワックスの使用上固くなってしまい無駄が出ます。使用できる箇所と使用できなくなる部分に別れ、ヘアスタイルもストレスが溜まり結果無駄にしてしまうことになります。

使用期限は3年間なので、しっかり保存して必要なときに使用できるようにも配慮しておきましょう。スタイリング時のみ使用するようにしましょう。

@kheypoh)さんの投稿

 

おすすめの使いやすいヘアワックス

1.マットハードワックス

@rin.0511k)さんの投稿

通常サイズは80gですが、小分けサイズ40g  もあります。常に持ち運びが出来て、劣化する前にすべて使いきれると言うメリットも、様々なスタイルに最適で、崩れないハードワックス、長時間をスタイルをい保つ事が出来ます。

2.ミューヴル ドライハードワックス7

ミューヴル ドライハードワックス7はハードなスタイルを長時間キープするにもかかわらず、指で触った質感は非常にしなやかで滑らかなワックスになります。

@miyagawadan)さんの投稿

さらっとしているので使いやすさは抜群、髪の毛全体を十分に伸ばしてつける事が出来ます。香り高く、自由にアレンジが可能なハードワックスになります。ドライな質感でねじりなどのアレンジも可能になります。

3.オーシャントリコ

やや長めのショートスタイルにも使いやすく、髪形に応じて対応可能なおすすめのワックスになります。

@tsu7ba13sa12)さんの投稿

さっぱり爽やかなフルーティな香りで、美容効果の高いワックスです。ワックスの油臭さがないため、使いやすく、快適に使用していけます。

まとめ

直接日光が当たらずとも、日当たりが良い場所では、雨の日にも室温が高くなり劣化することもあるので、冬の時期の季節でもエアコンや、ストーブ周辺など暖まりやすい場所や急激にな温度差がある場所は避けておきましょう。

保存状態が良いコンディションは日陰でいつでも取出しが可能な場所になります。

ヘアワックスには質感があります質感を損なわないように、より良い保存状態で、スタイリングをするときに蓋を開けて使用するようにしましょう。使用しないときには蓋を閉めて日陰で保存します。