歯がなくなる習慣。歯科医がやらないNG行為を大公開


あたりまえのようにやっていることの中で歯科医は絶対にやらない歯に悪い習慣があります。

今回は「歯がなくなるNG習慣」を大公開!こんな習慣に心当たりがあったら要注意!



スポンサーリンク

歯がなくなるNG習慣

1.食べる以外のことに歯を使う
フタや袋を歯で開けたり、糸を歯で切ったり、あるいは歯でものを咥えて持ったりなどは歯を痛めたり口内を傷つけることがあります。

2.氷を噛む
氷は硬く、噛む時に歯が強く当たります。歯が欠ける原因となる行為の一つです。

3.スポーツドリンクを飲む
熱中症対策に便利なスポーツドリンクですが、スポーツドリンクは糖分や添加物が多く、歯のエナメルを傷つ、虫歯の原因になります。

4.アメをなめる
スポーツドリンク同様、アメの糖分が虫歯の確率がアップさせます。特に歯にくっつきやすいタイプのアメは要注意です。


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

歯がなくなる習慣。歯科医がやらないNG行為を大公開


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image