被災地で起こっている犯罪。性犯罪(レイプ)、空き巣の手口

国内ニュース


年々、日本では様々な災害が起こっています。地震、台風、豪雨など、自然災害で大きな被害を受けた被災地では、災害より恐ろしい事件や犯罪が起こっているとご存知でしょうか?盗難、レイプ、特に女性は非常に危険…。その全貌を明らかにしました。

被災地で性犯罪(レイプ)や盗難が多発の現実

Twitterでこんなつぶやきを発見しました。

被災地の復興が少しずつ進んでいく中、このような犯罪が起こることは腹立たしいことですが、東日本大震災の時も女性や子どもを狙った

災害時レイプ性暴力

が事実として存在していました。

何を驚くほどの人々が通りに残して... 無料写真

そして、熊本大震災でも同じように犯罪が起こっています。今回はこのような犯罪の手口と対策を紹介します。

※少しでも色んな人に事実を知ってもらい犯罪が無くなってほしいです。

被災地で女性を狙った、性犯罪の手口とは?

普段ならこのような犯罪が起こると警察が”歯止め”に入りますが、被災地ではどうしても人命救助が最優先となります。

その分、警備も手薄となるため、その隙を狙った犯罪が起こりやすくなります。

空き巣、盗難、事務所荒らしなどの犯罪ももちろん起こりますが、一番最悪なのが性犯罪(レイプ)です。

性犯罪がエスカレートしていくと、人前で堂々と性行為をしてしまう人もいるのだとか……。

性犯罪手口①食料でつって…

車に食料あるよ」と声かけて乗せてというやり方です。

車でハンサムな男 無料写真

被災地ではどうしても食料や布団など、生きていくために必要なものがなくなってしまうので他の地域から支援が必要になります。

スーパーやコンビニが営業できないぐらいになると、食料が減ってお腹が満たされないことも。

精神的にもまいってしまうと、このようなわかりやすい手口でも引っかかってしまうのです。

車に乗ってしまったら犯人の思うツボ…。

性犯罪手口②支援しにきたと偽善者を偽って…


1 2 3