被災地で起こっている犯罪。性犯罪(レイプ)、空き巣の手口

国内ニュース


年々、日本では様々な災害が起こっています。地震、台風、豪雨など、自然災害で大きな被害を受けた被災地では、災害より恐ろしい事件や犯罪が起こっているとご存知でしょうか?盗難、レイプ、特に女性は非常に危険…。その全貌を明らかにしました。

被災地で性犯罪(レイプ)や盗難が多発の現実

Twitterでこんなつぶやきを発見しました。

被災地の復興が少しずつ進んでいく中、このような犯罪が起こることは腹立たしいことですが、東日本大震災の時も女性や子どもを狙った

災害時レイプ性暴力

が事実として存在していました。

何を驚くほどの人々が通りに残して... 無料写真

そして、熊本大震災でも同じように犯罪が起こっています。今回はこのような犯罪の手口と対策を紹介します。

※少しでも色んな人に事実を知ってもらい犯罪が無くなってほしいです。

被災地で女性を狙った、性犯罪の手口とは?

普段ならこのような犯罪が起こると警察が”歯止め”に入りますが、被災地ではどうしても人命救助が最優先となります。

その分、警備も手薄となるため、その隙を狙った犯罪が起こりやすくなります。

空き巣、盗難、事務所荒らしなどの犯罪ももちろん起こりますが、一番最悪なのが性犯罪(レイプ)です。

性犯罪がエスカレートしていくと、人前で堂々と性行為をしてしまう人もいるのだとか……。

性犯罪手口①食料でつって…

車に食料あるよ」と声かけて乗せてというやり方です。

車でハンサムな男 無料写真

被災地ではどうしても食料や布団など、生きていくために必要なものがなくなってしまうので他の地域から支援が必要になります。

スーパーやコンビニが営業できないぐらいになると、食料が減ってお腹が満たされないことも。

精神的にもまいってしまうと、このようなわかりやすい手口でも引っかかってしまうのです。

車に乗ってしまったら犯人の思うツボ…。

性犯罪手口②支援しにきたと偽善者を偽って…

県外ナンバーの車から支援しに来た。

と偽善者を偽って女性に近く人も多くいるのが事実です。被災地には世界、他県から多くの支援物資が届きます。

小さな植物を手に持つ手 無料写真

近隣の地域であれば、直接被災地に足を運んで物資を渡す人もいます。

すごく良心的な心を持つ人の割合が圧倒的に多いですが、それを逆手に取り偽善者を偽る人が女性をレイプするという手口も有名です。

性犯罪手口③大胆に性行為を要求して

精神的ストレスが溜まり、「ボランティアなんだから体を提供しろ」と大胆に性行為を要求してくる人も。

ジェスチャーを助ける手 無料写真

どうしてもどうしても我慢ができなかったんですね。

何日も何時間も閉鎖的な空間に閉じ込められているわけですから、男性は性欲が溜まりに溜まって爆発するのです。

性欲を満たす場所がなくなってしまうと、人間って壊れてしまうんですね。

被災地で起こる不祥事や性犯罪を対策するには

 

まず、女性や子供は絶対に1人にならない・1人にしないでください

災害時には性犯罪や強盗など、弱い人を狙った犯罪が起きやすいです。

避難所でトイレに行くとき・眠る時にも必ず声をかけあって複数人で行動することを徹底して下さい。

ピンクの防災服など、女性とわかるようなものは身に付けないこと

防災服の色に気をつけて。色は緑や青、白といった派手すぎないカラーのものを選ぶことです。

ピンクのシャツとモデル 無料写真

ピンクや赤など、女性っぽいカラーを身にまとっていると、

私は女です!

と周りに公言しているのと同じになってしまいます。

倒壊している家を狙う、空き巣

強盗のジェスチャー 無料写真

性犯罪とともに、起こるのが空き巣。

東日本大震災でも熊本大震災でも、空き巣被害は多く出ているものです。

以下では、空き巣の手口について解説していきたいと思います。

空き巣手口①

CCTV防犯カメラ 無料写真

家にいた時にインターホンが立て続けに3回くらい間髪入れずになり、インターホンに出たら男の人が

「こんばんはー。水ありますかー?」

と。どちら様ですか?と聞いても無言のまま。

玄関のロックをかけたまま出ると、帽子を深く被った50代くらいの男の人で顔は見せずに

「水ありますか?」と言うだけ。

「ありますよ」と言うと

「今から井戸水汲みに行くんでお手伝いできればと思いましてー」と言われ、怪しすぎるので断りました。

最後にもう一度どちら様ですか?と聞くと会釈して帰っていきました。

空き巣手口②

帽子の魅力的で認識できない男 無料写真

自衛隊や警察、ボランティア装って在宅か留守かを確認して歩く一団が複数居るとの情報。

留守とわかれば火事場泥棒を働くというパターンです。

かなりショッキングな内容ですが、現実に起きていることを受け止めて

防ぐために何が出来るのかを考え行動する

これしかありません。

このような性犯罪が繰り返されないよう、断固として許さない、見逃さないという姿勢を徹底することが求められているのではないでしょうか。