実は酒癖が悪い?日馬富士の本当の性格とは

スポーツ 未分類

日馬富士 性格

via google imghp

一方で土俵際のみ優しいといった意見もあり、本来は短期であまり素行も良くないとも言われているそうです。土俵際で優しいというのはあくまでマナーの範囲でということなので、正確が優しいとは少し違いますね。

横綱になる前は後輩を殴ったという話も出ていますし、2017年の秋場所で3連敗した際には

支度部屋に戻ると「あーっ、クソッ!」と声を荒らげて「足がついていかなかった。なんだろうねぇ…。体は動いているんだけどねぇ。いい結果につながらないのは残念」と唇をかんだ。

と短気な側面が見えたりしました。一体どちらが本当の日馬富士なのでしょうか。本人も

「勝負に優しさはいらない。分かってるんだけど、つい」

といっており、優しい面もあるようですが、一方で

『自分は神経質だから、お酒を飲むと大きな心になれる』

と、神経質であるとも語っています。神経質だからこそ短気な側面も持ち合わせているのでしょうね。

via google imghp

事件はどんどん泥沼になる可能性も

日馬富士が優しいけれど神経質で短気な性格であるため、お酒の力を借りてしまいがちだということは分かりましたが、貴乃岩への暴行事件は刑事告訴もされています。

ビール瓶で殴った殴ってないなどの意見は出ており、真相は不明のままですが、暴行したのは事実。貴乃花親方が無言を貫いているのも気になります。

via google imghp

以前朝青龍が一般人への暴行で解雇になった例もありますし、日馬富士が解雇になる可能性はおおいにあり得ますね。

モンゴルでは朝青龍を解雇したことへの不満の声も当時は上がっており、日馬富士の解雇についても異論の声が出てはいるそうです。

今後相撲協会がどのような対応を取ってくるのか、貴乃花親方と教会との確執も浮き彫りになってきましたし、泥沼になっていきそうな気がします。


1 2 3 4