平安時代の平均寿命が超やばい!衝撃の事実発覚!


今や世界的に見てもトップレベルの長寿国と言われるほど、日本人の平均寿命はかなり長いです。

しかし、そんな日本でも平安時代の平均寿命はかなりやばかったんです。



スポンサーリンク

衝撃の事実!平安時代の平均寿命とは

平安時代とは、794年に桓武天皇が平安京に都を移してから、鎌倉幕府の成立までの約390年のことを指しますが、皆さんは、この平安時代の日本人の平均寿命がどのくらいか知っているでしょうか?

なんと、驚くことに男性が33歳、女性が27歳だったのです。

現在の日本の平均寿命の半分以下となっており、1人の一生がこんなに短かった時代もあったのです。

平均寿命がここまで低かった主な死因とは?

平安時代の主な三大死因と言われているのが、「結核」「脚気」「皮膚病」だったそうです。


1 2 3 4

footer-image