平成終了はいつ!?平成の次の年号も予測してみた!

国内ニュース


「全身全霊をもって務めを果たしていくことが難しくなるのではないかと案じています。」

「また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の皇位を代行する摂政を置くことも考えられます。」

天皇陛下は、ご自身の体力の面の制約を伝え、そのあとに天皇としての役目をご自身が果たすことの難しさを語っている。

やはり、80歳を超えている年齢であるのが大きいと思われる。

そして、そのあと、天皇の皇位を代行する摂政を置くことも考えられるという話もされている。

これは、天皇陛下が生前に天皇を退位し、天皇という位を他のものに譲るということである。

これは通常、「天皇が心身の重患、重大事故で国事行為ができないとき」(16条の2)に限り、生前退位をすることができる。


1 2 3 4