西城秀樹、脳梗塞でリハビリの現在が壮絶すぎる…壮絶なリハビリを支える原動力とは?

あの人は今


「次はローラを歌えるようになりたい」と、

リハビリを乗り越えた時には、

大観衆の前で復活の歌声を響かせることを誓っていた。

私生活では

大阪在住で元・会社員だった女性と2001年6月30日に結婚。

2002年6月3日に長女が、2003年9月1日に長男が誕生する。

saijyohideki


2003年、ディナーショーのため訪れていた韓国で脳梗塞を発症。

朝に症状がありながら、

その夜のディナーショーをやり通して、

さらに空路帰国して入院。

 

懸命のリハビリにより1か月で復帰会見に臨んだが、

実は一部声帯の神経をやられ、

歌手にとっては致命的ともいえる歌どころか

言葉自体を正確に発することができない構音障害を発症しており、

引退を発表するつもりだったという。

 

「すぐに結論を出さずゆっくり治していけば」

という夫人の言葉で、

芸能活動を継続しながら回復に励む道を選ぶ。

houchi001

2011年に脳梗塞が再発していることが判明、

東京都内の病院で入院する。

右半身麻痺の後遺症が残ったが、

リハビリに水中運動を取り入れ、

筋力をつけることで立つことには支障が無くなり、

再びステージに立つまでに回復した。

 

私の中でいまだに秀樹を超える男性アイドルはいない。

まじでそれほど衝撃的な存在だった。

完全復活を期待します。


1 2 3