平子理沙が整形失敗!唇オバケが原因で旦那と離婚?子供がかわいそう…

芸能


平子理沙は「アラフォー・アラフィフの星」と言われるカリスマモデルですが、最近では昔の姿が思い出せないほど劣化してしまっていて、整形疑惑まで浮上しています。旦那との離婚理由や子供についても紹介します。

平子理沙の整形疑惑を徹底検証

平子理沙はもともと華やかできれいな顔立ちをしていましたが、昔の姿が思い出せないほど劣化してしまいました。

・若作りを意識しすぎ不自然になっている

・顔がパンパンに膨れている

と世間からの辛辣な意見も聞かれます。

この記事では、平子理沙の昔から現在までを振り返りながら、劣化や整形疑惑についてまとめていきます。

平子理沙のプロフィール

名前:平子 理沙(ひらこ りさ)

生年月日:1971年2月14日

事務所:株式会社エイジアプロモーション

家族構成は父、母、5歳年上の兄です。父親はアパレル関係の職業を持つ人物で、母はネイルアートを日本に広めた平子禧代子と言われており、その両親の元で育った平子理沙は幼少時からお洒落に興味があったのだそう。

この写真は11歳の頃の平子理沙。外国の女の子みたいでとてもかわいいですね。

RISA HIRAKOさん(@risa_hirako)がシェアした投稿

母の愛好作品だった『チャーリーズ・エンジェル』に影響を受け、小学校4年生時まで通った成城学園からインターナショナルスクールへ転校。さらに15歳で渡米し、現地の高校ではベストドレッサー賞を3年連続で受賞しています。これらのことから平子理沙のファッションに対する意識は当時からかなりのものだったことがわかりますね。

そして19歳で日本に帰国し、原宿でのスカウトをきっかけに芸能界の道へ入ることに。雑誌『JJ』でモデルとしてデビューし、『ViVi』で初表紙を飾るなど、以後多くの女性のファッションアイコンとして君臨することになります。

平子理沙の劣化は整形失敗?

平子理沙は若々しい様子から「奇跡の40代」として脚光を浴び、多くのバラエティ番組、雑誌に登場しています。

RISA HIRAKOさん(@risa_hirako)がシェアした投稿


しかしテレビに登場するようになってからは、テレビに映る顔がファッション誌などで見るものとあまりにも違い、批判的な声を受けるようになってしまいました。

平子理沙が整形で唇オバケに!

平子理沙の顔の劣化でまず指摘される箇所は「」と「」です。

特に「唇」は叶姉妹の姉・恭子のように唇が不自然なほどぷっくりしていて、どうしてもそこに目がいってしまうほど。アンジェリーナ・ジョリーみたいなタラコ唇が流行ったこともありますが、これはやりすぎ…。

RISA HIRAKOさん(@risa_hirako)がシェアした投稿


平子理沙の「頰」と「唇」の変化は、”ほうれい線を隠すため”にとった処置ではないかと言われています。

高須クリニックの高須克弥院長が平子理沙の顔を分析してみると、

「入れなくてもいいところまで、ヒアルロン酸が入っちゃっているようにも見えるし、不自然に膨らませ過ぎているようにも見えるね(苦笑)」

「もしかしてこの人は、若くするのが目的じゃなくて、頬骨をキャサリン妃のようにぷっくりさせたかったんじゃないのかな。ヨーロッパでは、頬のプロテーゼが人気あって、頬骨を高くするのが流行っているの」

「あくまでも予想だけど、ほうれい線が気になって膨らませているうちに、どんどん上にも入れちゃって、頬骨の辺りにも入れちゃってというパターンじゃないかな」

平子理沙は整形依存症!?

確かにほうれい線が不自然に消えていますが、今度は顔がパンパンで、ヒアルロン酸・ボトックス注射を打ちすぎていると言われるようになりました。

RISA HIRAKOさん(@risa_hirako)がシェアした投稿

一般的にヒアルロン酸やボトックス注射は持続性が半年程度と言われています。一度入れるとこの先ずっとメンテナンスが必要になってきます。

さらに高須院長は、

「最初は、ちょっとやるだけで満足していた時もあったんだろうけど、“もうちょっと入れて! それじゃダメ、もうちょっと入れて!”ってなっていくうちに、感覚が麻痺していくんだよね。注射の位置や本数も、本人が主導権を握っちゃって、“ここに入れてちょうだい! また減っちゃったから足してちょーだい!”ってね。これってオーバーコレクションって言うんだよね」

という指摘もしています。

アラフォーからアラフィフになった平子理沙。今後の顔の変化にも注目したいと思います。

平子理沙の元旦那は吉田栄作!子供はいる?

平子理沙は1997年に俳優の吉田栄作と結婚し、ロサンゼルスで挙式をあげました。二人の馴れ初めは、吉田栄作のライブのバックステージを平子理沙が訪ねたこと。吉田栄作が一目惚れして付き合いだし、約3年半交際していたようです。

約18年続いた結婚生活もすれ違いの生活などから2015年12月21日離婚届を提出しています。

平子理沙は離婚に至った経緯を次のように話しています。

「愛情に変化があったというよりは、相手の時間に合わせたり、合わせてもらったりするより、一人で過ごす時間が少しずつ楽になっていったのはあります」

「何度か話し合って最終的に『離婚』という形を取る事にしました。至らないところも多々あったと思いますが、とても楽しい結婚生活でした」

「いったん『結婚』という形は終わりますが、これからも変わらず仲良くしていきたいと思っています」

平子理沙は出産によって体型が変わってしまうのを恐れ、子供は望まなかったそうで、二人の間に子供はいませんでした。

平子理沙は旦那と別居婚だった

実は吉田栄作は平子理沙と結婚後すぐに、ハリウッドに挑戦するためアメリカへ。平子理沙は日本に残り、二人は別居状態となりました。吉田栄作が帰国してからも一緒に住むことはなく、車で5分ほどの距離で別居していたそうです。

別居婚を選んだ理由は「ずっと恋人同士でいたい」という思いからだったとか。こうした生活が18年続き、恋人同士のように仲が良い時期も過ぎて、お互い冷めてしまったのかもしれませんね。

平子理沙が旦那と離婚した本当の理由は不倫!?

平子理沙と吉田栄作が離婚した本当の理由は、お互いの不倫ではないかとも言われています。

平子理沙のお相手は、俳優の村井克行。離婚する5年前から恋愛関係にあったようです。平子理沙は旦那と別居婚でしたが、この村井克行とほぼ同棲状態でした。

二人はもともと友人で、一緒にファッションブランドの立ち上げたのをきっかけに仲を深めたのだとか。その頃ちょうど平子理沙の父親が亡くなり、村井克行が平子理沙を支えていたのではと言われています。

一方、吉田栄作の不倫相手は18歳年下のモデル・加賀美セイラ。離婚の約半年前の2015年にバーでの深夜デートがスクープされていました。

@yukastylebhさんの投稿

加賀美セイラはポーランド人の血を引くカナダ人の父と、日本人の母親との間に生まれたハーフモデルで、帰国子女の平子理沙と同じく英語がペラペラ。過去には山下智久や三浦春馬との交際が噂されていました。

18歳も年下のハーフモデルと不倫なんて、吉田栄作はさすがですね。

このようにお互いに別の相手ができたことで、別居婚だった平子理沙と吉田栄作の仲は終わってしまったのかもしれません。ただ、平子理沙が2017年に『ヒルナンデス』に出演した際、

また戻りたいときに戻ればいいかな

と語っていたので、復縁する可能性は0ではなさそうです。

平子理沙の整形や旦那との離婚に対するネットの反応

・小さい時から美人なのになんで整形するんだ

・平子理沙の整形くずれすごい…

・整形顔でもめっちゃかわいい

・え、平子理沙って離婚してたの?

・離婚して年相応な見た目になってきた気がする

平子理沙の離婚に関してより、整形のほうが話題になっていました。元がかなりの美人なのに、整形のし過ぎで顔がおかしくなっている平子理沙は、芸能界でも独特の存在感を放っています。吉田栄作とは離婚してしまいましたが、別の相手もいると言われていますし、これからも輝き続けてほしいですね。