広末涼子の素顔。関東連合の灰皿プレイ、薬、枕営業。エグすぎる…


しかし、金銭面で困窮していたのか1年後には仕事復帰。実際、当時旦那様だった岡田さんはデザイナーで、セレクトショップなども展開したが上手くいっておらず、常に金欠状態だった模様。

辛かった20代

運動も得意だった聡明な子が奇行をする・・若い時に成功してしまった不運なのでしょうか。実際、奇行が行われたかどうかは別として、相当20代は苦しんだようです。

彼女自身がこんなコメントをしています。

「もうしんどすぎて、これ以上頑張れないなって――。いつも気づいたら高い所にいって、誰か背中を押してくれないかな――っていう感じだった」

広末の20代といえば、育休から女優業へ復帰、離婚の発表と大きな出来事が重なった時期です。

20代前半の頃は「『いい子だ』って言われるのがイヤでイヤで」と“優等生イメージ”に苦悩し「仕事を辞めたくて仕方なかった」と明かす。その後、結婚をしますが・・「あの時点でフェードアウトしないと壊れていたと思うし、女優業は続けていられなかったと思う」「私の人生において、すごく大切」なものだったと振り返る。

いろいろあったかもしれませんが、
時代を駆け抜けてきた彼女をもう少し見届けてあげたくなりますね。

確かに火がないところに煙は立たないと言いますが奇行話が多すぎるのは確かです。

が、実は全て真相は定かではありません。

この厳しい芸能界に第一線でまだ生き残っている点や実は賞も数多くとっており(演技が下手という話もありますが)、
スタッフの中では定評があるようです。

これからも、旦那様であるキャンドル・ジュンさんと共に子供3人育てながら、
噂に負けず、これからも我が道を邁進して欲しいと思います。


スポンサーリンク

関連記事

上原美優の遺書の意味…島田紳助が関与していた証拠が発見!

↓↓↓よかったら、いいね!お願いします。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

広末涼子の素顔。関東連合の灰皿プレイ、薬、枕営業。エグすぎる…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image