「明るいところまで…」ヒッチハイクの女性を乗せた結果が…すごい

夜の峠で車を走らせていた男性のお話です。
ふと気づくと女の子がヒッチハイクをしていました。

その女の子を車に乗せたのですが、その後驚きの展開が待ち受けていました…


スポンサーリンク

ヒッチハイクの女性を乗せた結果…

皆さんはヒッチハイクをしている人を車に乗せる経験をしたことはありますか?

見ず知らずの人を車に乗せるのは勇気がいりますが、ヒッチハイクする側の人も色々と事情がある人も多いみたいです。

今、ヒッチハイクをしている女の子を乗せた体験談が話題になっています。



これは結構昔のヒッチハイクが流行った頃の話なんですが、ドライブが趣味でよく仕事終わりに一人で車を走らせていました。

ある日、夜の峠道を走っていたとき、途中で人影を見つけ止まったところ、「北海道」と書かれたダンボールを持った女性が立っていました。

たまたま開けた路肩だったので、停めたらその女性は走り寄ってきました。

俺「こんな時間に大丈夫?」
女「すいません、明るいところまででいいので乗せてもらえませんか?」

事情を聞いたら、どうも乗せて貰った相手に中腹まで連れてこられて降ろされたと言っていました。

話を聞いていましたが、段々怖くなったのか泣き出してしまいました。

そりゃ危ない目にあってもおかしくなかったもんなぁ・・・

なんと名古屋からずっとヒッチハイクで移動してきてここまで辿り着いたが、目的地は北海道の自宅との事でした。

まぁこれも何かの縁かと思って、そのまま自宅まで送っていきました。

時間も時間だった為、自宅まで送ったら早々に帰ってきました。

別れ際に、後日お礼がしたいからと連絡先を聞かれましたが、断ったものの押し切られ名刺を渡して帰りました。

スポンサーリンク

後日再会するとまさかの展開に

親切に話まで聞いて女の子を自宅まで乗せて行ってあげた投稿者。



後日連絡があり、わざわざこちらまで挨拶にきたとの事でしたので、仕事帰りに時間を決めて会いました。

改めて会った時は、ちょっとびっくりするくらいにキレイに変わっていて驚きました。

聞けば大学1年生で、友達数人と同じような事をしていたそうです。

友達に事の顛末を話して、ちゃんとお礼を言いに行かなきゃって言われたそうです。

結局お茶した後にドライブして、また自宅まで送っていきました。

その間、お互いの話をして意気投合して、楽しい時間を過ごしました。

頻繁に電話やメールのやりとりをし、仕事が休みの時には遊びに行ったりして付き合いが始まりました。

まさか、お付き合いが始まるとは…。
びっくりですね!

その後の2人は、どうなったのでしょうか?

2人を待っていたのは…幸せ



その後彼女が大学を卒業する年に俺自身も北海道に転勤が決まり、同棲を開始しました。

そこでお互いに大型二輪の免許を取り、一緒にツーリングにも行くようになりました。

翌年の6月には、結婚、入籍、子宝に恵まれ間もなく子供も産まれます。

嫁はバイクに乗れないと不満気だが、今度は新たに車を買って家族でドライブに行こうと思います。

あの時停まっていなかったら、今でも車転がしていたのかもしれません・・・。

いかがでしたでしょうか?

偶然ヒッチハイクでの女の子とゴールイン。

まるで小説とか映画みたいな話です。
こんな形で結ばれた2人には、末永く幸せになってもらいたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 美人すぎるタクシー運転手・生田佳那。衝撃的な水着姿が話題にw