ひとりでできるもん!平田実音の死去に悲しむ声殺到…最後の姿が…

NHK教育番組「ひとりでできるもん!」
初代舞ちゃん役を務めた平田実音さん(享年33)が、肝不全で亡くなっていたことが判明しました。

悲しみの声が殺到しています。



スポンサーリンク

大人気だった初代舞ちゃん

1991年から放送開始となったNHKの教育番組「ひとりでできるもん!」

幼児から小学生・中学生向けの料理をメインにした番組で、上の画像を見たら懐かしく感じる人も多いのではないでしょうか。

こちらの番組は大人気だったためか、2005年まで続くロングシリーズの番組となりました。



そんな人気番組の初代舞ちゃん役を務めたのが、平田実音さんです。

なんと平田さんは2歳に子役モデルとして芸能界デビューしています。

ひとりでできるもん!も初代を務めた後、1998年と1999年にお姉さん役で再出演しています。



その後の活動としては、2000年に「みんなの広場だ!わんパーク」にミーオ役として出演していました。

平田実音・33歳で死去

当時、子供たちのアイドルとして人気を博した、平田実音さんが33歳という若さで2016年8月5日に亡くなっていたことがわかりました。

死因は肝不全だそうで、かつての所属事務所のゲンプランニングの加藤元さんが、自身のFacebookで今回のことについて明かしています。

平田さんと言えば、2013年以降は痩せすぎで拒食症!?と心配する声が多々ありました。その時のガリガリの画像はコチラ。



確かに腕が細すぎて心配になるほどの激ヤセレベルです・・・。


スポンサーリンク

肝不全とはどんな病気?

肝不全とは、漢字の通り、肝臓の病気です。肝臓の各生理機能が病的に低下してしまい、肝臓の役目が果たされなくなる状態のことを指します。

肝不全の症状としては、軽症では食欲不振・体重減少、重症化すると下肢の浮腫み、腹水による腹部の拡張、食道静脈がんの破裂による吐血などです。

さらに、肝細胞癌の合併の可能性も大きい病気です。



痩せてしまったのも、おそらく肝不全か肝臓の病気が原因だったと考えられます。。健康的なときはふっくらしていた印象だったので、おそらく病気のせいだったのでしょう。

ネットの反応

初代舞ちゃんの頃の「ひとりでできるもん!」を見ていた人から、多数の悲しみ・驚きのコメントが寄せられています。

死ぬには若すぎる

え!?嘘!みてたよ、ひとりでできるもん・・・

マジかぁ・・・見てたなぁ・・・

子どもの頃見てて大好きだったな。自分と4歳しか変わらないのか。当たり前だけど、子供の頃の4歳差ってすごく大きいんだな

将来は料理を仕事にするかと思ってた。ショック。この番組よく見てたわ。

ああ・・・世代が同じだから見てたよ。悲しい

よく見てた。いい意味で素人くさいところも含めて好きだったなぁ。ご冥福をお祈りします。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 芸能界で自ら命を絶ってしまった謎の人物12人!!これが業界の闇か・・・