ホームレスの男性が拾った財布を警察に届けた結果。運命が180度変わることに!

0831_2

財布を落としたら戻ってこないというのが一般的です。

しかし、拾った財布をそのまま警察に届けた一人のホームレスがいました。

その正直さに心を打たれた持ち主から謝礼が贈られました。


スポンサーリンク



落し物の財布を正直に警察に届けた結果

44歳のワラロップさんはタイで暮らすホームレス。

 

ワラロップさんがバンコク・メトロのフワイクワーン駅付近で拾ったのは

エルメスの財布でした。

 

0901_w2

 

当時のワラロップさんの所持金は

わずか9タイバーツ(約26円)だったそうです。

 

財布の中にはクレジットカードと

20,000バーツ(約59,000円)の現金が入っていました。

 

ワラロップさんの金銭状況を考えると、

その現金は喉から手が出るほど欲しかったはずです。

しかし、ワラロップさんはそのまま警察に届けたのでした。

 

0901_w1

 

警察から連絡を受けた持ち主は…

財布の持ち主・ニーティさんは

財布を落としたことに気づかなかったといい、

財布がそのまま帰ってきたことに感動。

 

正直なワラロップさんに恩返しがしたいと考え、

また、ワラロップさんがホームレスであることを考え

「あるもの」を贈りました。

 

ワラロップさんへの贈り物

実はニーティさんは工場の社長だったのです。

 

0901_w3

 

ニーティさんの彼女・タリカさんから新品の服をプレゼント、

そしてニーティさんは仕事を提供して住居も用意しました。

 

これがきっかけでワラロップさんはホームレスを卒業し、

新しい生活が始まりました。

 

今は工場で働き、1万1千タイバーツ(約3万2千円)の

給料をもらって生活しています。

 

ワラロップさんは自分を「おじさん!」と呼んでくれる

ニーティさんとタリカさんへの感謝を忘れず、

新しい生活を楽しんでいます。

 

0901_w4

 

このエピソードをニーティさんの彼女・タリカさんが

SNSに投稿したことで広く知られることとなりました。

 

ニーティさんもこのエピソードが

もっと広まって欲しいと願っているそうです。

 

「僕だったらきっと盗っていた」

ワラロップさんは

「人生をやり直すきっかけを与えてくれた

ニーティさんには深く感謝しています。

綺麗なシーツがかけられたベッドで寝ることができ、

何より幸せです」

 

と語っています。

 

また、

財布を拾ってもらったニーティさんは

メディアのインタビューでこう語っています。

 

「僕がホームレスで同じ状況だったら、

きっとお金を盗んでると思います。

 

きっとそうする人がほとんどでしょう。

ワラロップさんのような正直な人がいるということを、

私たちはもっと広めるべきです」

 

「正直者が馬鹿を見る」社会より

「情けは人のためならず」の社会であってほしいですよね。

 

ネットでの反応

・ブラック企業でなくてよかったw

・タイでは財布がそのまま戻ってくるのは珍しいんだろうか

・このおじさんはなんでホームレスになったんだろう

・ええ話や!


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 交通事故で少女をかばって片足を失った。10年後、その少女が結婚すると聞き・・・


スポンサーリンク