高価な指輪を手にしたホームレス男性。指輪を無くした女性は発狂し…

ひょんなことから高価な指輪を手にしたホームレス男性

指輪をなくしてしまった女性は発狂しましたが、
世界中から賞賛が送られる結果となりました。



スポンサーリンク

ひょんなことから高価な指輪を手にしたホームレス男性

米中部ミズーリ州のカンザスシティのメインストリートで、サラ・ダーリンさんは施し金を集めるカップを置いて座っていたホームレスビリー・レイ・ハリスさんに小銭入れに入っていた硬貨を全て注ぎ込みました

サラさんはその翌日にダイヤモンドの結婚指輪を失くしたことに気付きます

普段は肌身離さず結婚指輪を着けていたのに、この日の前日は薬指に発疹ができて痛んだため、結婚指輪を外して小銭入れに入れていたのです。

この結婚指輪はプラチナの土台に大きなダイヤモンドを付けたとても高価なものでした。

しかし、サラさんにとっては価値の問題ではなく、大切な人に貰った何にも変えられない大切な物。

すぐにサラさんはホームレスの男性に寄付をした場所へ行ってみたが、ホームレスの男性の姿はありませんでした。

指輪に気付いたホームレス

その夜、寝床に戻ったビリーさんは寄付をしてもらったお金を確かめていると、指輪が入っていることに気づき、宝石商に売るか心が揺れます

これだけのお金があれば人生をやり直せるかもしれない、そう考えたビリーさんの脳裏によぎったのは牧師をしていた祖父の声

子どもの頃、遊んでいてうっかり花瓶を割ってしまったビリーさんが、それを言い出せずにいた時に祖父から言われた「ビリー。人は、悪魔じゃないが、天使でもない。でも努力すれば、天使に近づくことができる。いつも正直に生きなさい。」という言葉でした。


スポンサーリンク

指輪は売らずに返却

一度は結婚し、離婚を経験していたビリーさんは、この結婚指輪が大切なものであることは痛いほどよく分かりました。

翌日、この場所を再び訪れたサラさんは、ビリーさんを見つけます。

サラさんは、自分のことは覚えていないだろうが貴重品を間違えて与えたかもしれないと問い掛けたところ、ビリーさんは「指輪ですか?持っている。あなたのために保管していた。」と答えます。

知らないと答えて売り払ってしまえば、沢山のお金を手に入れることができたのに、サラさんにすんなりと指輪を返したビリーさんの行動はなかなかできない事だと思います。

指輪を返した行動が世界から賞賛の嵐に

ビリーさんの生き方に感動したサラさんはこの話をメディアで語り、さらに彼のための寄付を集めることにしました

人間としての善意を失わない、優しきホームレス男性のストーリーは世界中から称賛の声が上がり、そして見事、多額の寄付が集まったのです。

ビリーさんは、この寄付で住まいと車を買い、塗装業を始める予定

「家を出るときに自分の部屋に鍵をかけ、帰るときには鍵を閉められる、この状況がどんなに気持ちいいことか、皆さんには分からないかもしれません」とビリーさんは言いました。

これでビリーさんは住む場所を手に入れ、16年ぶりにホームレスから脱却することができたのです。

あれから、正直者って言われるけど、当たり前のことをしたまで。それを多くの人に伝え、知ってもらう、いい機会をもらったってことかな。

と最後まで善意に満ち溢れたビリーさんでした。

頭では当たり前のことと分かっていても、お金がない状況でこの行動はなかなかできないと思います。

ビリーさんの行動で、自分の行動も考えさせられる良い機会になったかもしれません。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 女性ホームレスの実態。500円で男に施しを受ける天国と地獄

高価な指輪を手にしたホームレス男性。指輪を無くした女性は発狂し…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!