激痩せ!細木数子の現在の姿が変わりすぎ!認知症?余命は?


細木数子といえば、占い番組の毒舌な物言いで人気を博しましたが2008年に突如引退を表明。その後は本の出版や講演活動のみで、テレビを通して姿を見かけることはなくなりました。そこで、細木数子の現在について調べて見ました。

細木数子の現在の姿が衝撃!

まず最初に、細木数子が以前テレビに出演していた頃と現在の姿との比較を見ていきましょう。

当時はもっと面白かった……過去の細木数子の活躍

占術師としてレギュラー番組を持ち、一時は時の人になった細木数子。

なかでも2004年8月から2008年3月までTBS系で放送された『ズバリ言うわよ!』では、

いろんな芸能人の悩みを聞きながらも、ストレートな毒舌でバッサリ切っていくのが当時は斬新でとても面白かったです。

via google imghp

 

via google imghp

毒をバンバン吐きながらも、芸能人をはじめとする多くの人の悩み相談にのってきました。

「地獄に堕ちるわよ」

「あんた死相が出てる」

などと、言い切っていしまうその雰囲気は人に有無をいわせぬ威圧を感じるほどでした。

そして現在の細木数子はというと?

現在は表舞台にこそ立ちませんが、

・占い活動

・本の執筆・出版

・講演活動

と、忙しい毎日を送っています。

via google imghp

激痩せしている姿にショックの声も

レギュラー番組を一気に降板してからは表舞台で姿を見ることはできませんが、最近の細木数子の姿がキャッチされました。

以前の貫禄あるイメージとの違い、そして歳を重ねた姿にショックを隠しきれない声も多く聞かれます。

via google imghp

細木数子、激痩せの本当の理由は?病気?

細木数子が見た目の印象が変わるほど激痩せした理由は何でしょうか。

本人は

・激痩せなんてしていない(元々痩せていた)

・病気は抱えていない

と語っています。

via google imghp

テレビに出ていた頃の毒舌キャラとしての威圧感がなくなったので雰囲気が変わったように思いますが、逆に、79歳という年相応に落ち着いたように見えます。

芸能界を引退した理由は認知症?

細木数子といえば「ズバリ言うわよ!」や「幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜」など複数のレギュラー番組を持ち、毒舌な占い師として人気を博していました。

via google imghp

「地獄に堕ちるわよ」などの過激発言で注目を集めていましたが、それが2008年に突如番組をすべて降板、芸能界を引退を表明しました。

細木数子自身は「休養したい」「身辺整理のため」と言っていましたが、この時期に何かあったのではないかと、疑う人も多いようです。また、休養ではなくて引退、ということも心配を引き起こす一因でしょう。

ですが、細木数子が認知症だというのは信憑性の低い噂話の可能性が高いです。細木数子は現在も占い関係の仕事に従事し、精力的に活動しています。

余命を予言している細木数子

2014年秋ごろから細木数子は、自身が主催する勉強会で

『私の寿命はあと5年。もう死に支度を始めているのよ』

と“終活”について言及しています。年齢を考慮すると余命を口にするということは不自然ではないかもしれませんが、少なからず気持ちが弱っているとも考えられますね。

細木数子のプロフィール

これまでの細木数子の経歴を振り返って見ました。

生年月日:1938年4月4日

出身地:東京

職業:作家、タレント、占術家、人間学研究家

細木数子は政治活動家であった父(細木之伴)の影響を受け、高校中退後は銀座のクラブなどさまざまな飲食店を経営していました。

1975年には4 億円もの負債を背負った歌手・島倉千代子の後見人となり、興行の権利やレコードの販売権を手にしました。

via google imghp

細木数子が占術家として名を知られるようになったのは1980年代以降のことで、「六星占術」という独自の占い方法を編み出し、1985年に出版された「運命を読む六星占術入門」はベストセラーとなりました。

この少し前には、陽明学の大家・安岡正篤と結婚。しかしすでに85歳と高齢であった安岡正篤がすぐに他界したため、初七日には籍を抜く結果になりました。

細木数子の「六星占術」

細木数子は長年にわたり、中国古来の万象学、算命学、易学などを研究してきました。その人の生まれ持った運命を6つの運命性に分けて占う「六星占術」を独自に編み出し、日本全国に「六星占術」の大ブームを巻き起こしました。

via google imghp

その後、のちの夫となった陽明学者の安岡正篤との出会いを経て、「六星占術」を単なる占いの域をこえた「人間学」にまで高めてきました。今現在も、人間の生き方を絶えず追求し悩みの解決を求める人々に適切な指針を与えています。

就活を始めた細木数子

自身で予言する余命が当たるかはわかりませんが、細木数子はライフワークだった勉強会の定期開催を2017年7月で終了しています。

他には、

「これまでにも養子をとるなど、“後継者”探しをしていたようです。また昨年には、事務所の代表取締役を務める男性が“細木”に改名しています

と事業の引き継ぎを考えているような話もあります。

via google imghp

今後はテレビに出演する予定はないのでしょうか。できればもう一度、元気な「細木節」を聞かせてもらいたいものですね。