人間ドックでPSAが悪かった。消灯後、ナースに診察してもらい…

体験談


「そうなんだ、時間があるなら場所を変えてみる?」
「良いですが、人目があるので、少し遠いですが✕✕まで行っても良いですか?」
「良いよ」

と答えデパートを出て、✕✕に向かい、
直接ラブホに入りすぐに二人で入浴し、ベットに横たわると
Kさんが舌を絡ませてキスしてくるので、キスをしながら乳房を揉むと
病室と全く違い、大きな声で喘ぎだした。

両足をM字開脚にして陰部を舐めると更に大きな声が。
その後、僕のシンボルを美味しそうに咥え上手にしてくれた。

挿入を始めるとやはり

「痛い、痛い」

と言うので

「大丈夫、ご主人とする時も痛いの?」
「主人とする時は痛みはないよ。だって〇〇さん(僕)の亀頭部は主人と比べ物にならないくらい大きいです」
「もうすぐ一番太い亀頭部がKさんの身体に収まるから我慢して」

シンボルを更に押し込むと
「痛い、痛い」

と小さな声を出し、我慢しているようだった。
根元まで入れ、3分位すると

「ごめんなさい、もう大丈夫だからピストンされても良いです」

密着するようにピストンを始めると

「変になりそう、こんなの初めて」
とKさんは逝ってしまった。

しばらくピストンを止めてKさんに余韻を楽しませてると

「私だけ先に逝ってごめんなさい、沢山出して」
「どこに出すの?」
「◯◯さんは意地悪なんだから私の膣内に生で出して下さい」

ピストンを再会するとすぐに喘ぎだして
「また逝きそう、今度は一緒に逝って」
「わかったよ」

とさらに高速でピストンをすると
「もう良いよ。一緒に逝って、早く中に出して、もう駄目」

と言って膣壁を強く締め、Kさんが行くのと相前後して分身を注入した。
その後、騎乗位で再注入を楽しんで時々会うことを約束してLINEを交換して別れた。

今でも1週間に1回ペースで会って、楽しんでます。

ネットでの反応

・マジで白衣の天使だな。
・うらやま・・・けしからんな!
・入院したいな(ボソッ)
・おかしいな、もう5回以上入院してるのにこんなことないぜ。

関連記事

⇒ 元自衛隊員が語る性処理の実態。抑制された隊員の性処理が話題に


1 2 3 4