二日酔いでの出勤、解消するため6つの方法


宴会やお祝い、飲み会などでついつい飲みすぎてしまった日は二日酔いで出勤しなくてはならない時もあります。そんな時も欠勤せずに出勤するために二日酔いを解消出来るためのポイントを調査しました。

二日酔いに悩まされない!解消策6つを紹介!

1.歯磨きをして口の中をスッキリ解消させる

朝起きたら歯を磨いて口の中をすっきりさせましょう。

職場でお酒匂いを出さないようにまずは出来ることから歯ブラシをするだけで、十分に解消する事が出来るようになります。

出来ればいつもよりも長い時間歯磨きをすること、またうがいをすることで気分も十分にすっきりするようになります。匂いを消すためにも歯磨き粉を多めにつけておきましょう。

また、シャワーを浴びる必要もあります。きちんとシャワーで先日のお酒の匂いを一掃してきれいしにしておけば、さっぱりした気分で出社する事が出来、夕べのお酒の匂いもなく職場でもいつもどおり仕事が出来ます。

翌日は二日酔いでもきれいに一掃し身だしなみを整えましょう。

NGなのが、同じ格好で出社したりすること、カプセルホテルなどを利用した場合には出来れば、ネクタイくらいは交換して出社したいところです。

@l_izm315)さんの投稿

2. 飲みすぎに効果的、水を飲んで飲みすぎ解消

飲みすぎてしまっていの調子が悪い、または気分が悪いと感じたら水を飲んで気分を解消させます。

アルコールが抜けるためにも水を飲むことは二日酔いに効果的です。

更に胃の調子が落ち着いたら忙しい朝でも軽食を取ること、お酒を飲むとたんぱく質が欠乏してしまうため、体力的にも仕事が出来るように計らいましょう。

パン、ハンバーガーでもいいので食事を取ることを忘れないように水分不足にならないように通勤中はスポーツドリンクも持参するようにしましょう。

サプリなどもお勧めで、二日酔いに効くサプリなどもコンビ二で購入可能です。

飲みすぎでアルコールが抜けてきたら高たんぱく質の食べ物が適していてエネルギーを取り戻すために最適です。栄養をしっかり補給することを忘れないように。

@kadoyamitsunobu)さんの投稿

3. いつもどおり出勤

お酒を飲みすぎたから「次の日は遅刻しました」では社会人としては成り立たないため、出来るだけ遅刻はしないようにするようにしましょう。

遅刻をしてしまうと、二日酔いのバッドコンディションの中、上司や同僚からも指摘され仕事にハンデになることもあります。

出来るだけいつもどおり自然に振舞い二日良いな事はその他の同僚には言わないようにする事が大切です。

出来るだけ忘れずに前日に目覚ましをかけましょう。二日酔いでひどい頭痛がしても、頭痛薬を飲んで遅刻しないで自分の職場での任務を淡々とこなすようにしましょう。

コツとしてあまり忙しく仕事をしないでマイペースに職務に専念しましょう。無理をすると疲れや頭痛などを発症することもあります。

@yooshiyoshi0319)さんの投稿

4.職場で 二日酔いのためにテンションが高いのもNG

二日酔いのペースで上司や重役との話し合いでテンションが高くなるケースもあるので注意が必要です。

テンションが上がらないように控えめに行動をすることを意識したほうが二日酔いでも気分が高まらずに落ち着いて仕事が出来ます。

また、職場でも定期的に気分転換のために外の空気を吸って更に二日酔いを解消することをおすすめします。

5.コーヒータイムで休憩

二日酔いの多面に勤務中に睡魔に襲われることもあります。そんな時には居眠りをしないようにコーヒータイムを設けること、職場から離れて散歩をすることも必要です。

周辺のカフェでお茶をして気晴らしをしておきましょう、集中力がなくなってしまった時もカフェーに行き一息入れることをおすすめします。

@8989sapeurさんの投稿

6.二日酔いによい食べ物

頭痛や吐き気などへの二日酔いの予防法としては気分転換、水分補給、二日酔いの頭痛にはコーヒーに含まれているカフェインがかなり優秀です。

@cocokara.coco)さんの投稿

二日酔いによい食べ物はトマト、大豆、などのたんぱく質、ウコンやフルーツなども胃腸の調子を整えるのでおすすめです。

二日酔い当日はあまりコレストロールの多い食べ物は避けるようにしましょう。吐き気を催す恐れもあります。その為魚類は二日酔いに良く、お酒を飲むと後に軽食を食べて空腹を避けることも大切です。

また当日はお酒を飲まないようにしましょう。

まとめ

水分が不足しがちになるのでしっかりマメな水分補給が必要です。

水分補給はスポーツドリンクなどでも消化によくおすすめ、また会社内でも二日良いな態度は見せないで淡々と仕事をするにつきます。頭が痛ければ頭痛薬なども使用するようにしましょう。