市原隼人、昔と現在の髪型比較!!ハゲ疑惑も検証

芸能


市原隼人は短髪のイメージが定着していますが、実はかなり髪型を変えています。

今回は様々な市原隼人の髪型やセットの仕方、おでこ後退(ハゲ)疑惑をご紹介します。

どの髪型も自分のものにしてしまう市原隼人は魅力に溢れていますね。

市原隼人の髪型、おでこが後退…?ハゲ疑惑も

市原隼人といえば、黒髪・短髪のイメージを思い浮かべる人が多いのでしょうか。

実は、ドラマの役所に応じてかなり髪型を変えているのです。

どんな髪型であっても自分のものにしてしまう、いつも市原隼人の個性が輝いているのはさすが!!ですね、

市原隼人は、2016年4月から放送されているナイトドラマ『不機嫌な果実』に出演していました。

原作は「不倫小説の最高傑作」との呼び名も高いだけあって、セクシーな物語の展開で話題になったドラマです。

劇中での市原隼人は、黒髪のショートヘアでした。

全体的に毛流れを後ろに持ってきているところが、大人っぽい雰囲気ですよね。

この頃から、「もしかしてハゲてるの??」「おでこが後退してる…!?」とおでこ後退(ハゲ)疑惑がささやかれ始めました。

確かに、おでこが広い印象はありますね…。

市原隼人に薄毛の印象はありませんが、おでこは確実に後退してきていることは事実のようです。

ですがそのおでこが広いことから、毛流れを後ろにするダンディなスタイルはすごく似合っています。

その上、短髪で清潔感がある爽やかな印象もあるので、ナチュラルな大人スタイルを目指している方は是非挑戦してみてください。

名誉のために否定しておきますが…市原隼人はおそらくハゲではないと思います。もちろんおでこが広いことは事実ですが…。

ハゲて劣化してしまった市原隼人さんの現在。原因は妻?交通事故?

市原隼人の髪型、ハゲ疑惑は2012年頃から

坊主役で出演したWOWOW放送のドラマ『沈黙法廷』でも、「坊主なのに禿げてる」と話題になりました。

「坊主姿なのにハゲってどういうこと?」と思いますが、剃りこみの部分が後退していると言われると…、そうかも知れませんね。

こちらは、成宮寛貴とのツーショットです。

2012年にBSプレミアムドラマ『陽だまりの樹』で共演して以来仲の良い二人ですが、隣の成宮と比べてもおでこは広いですね。

最近おでこが急激に後退してきたというよりは、もともとおでこが広いのかもしれません。

市原隼人の昔の画像も調べてみました。

小学校5年生で芸能界の道へ入り、2001年には岩井俊二監督の映画『リリィ・シュシュのすべて』の主役に抜擢され、蒼井優や忍成修吾と共演しました。

この『リリィ・シュシュのすべて』は、岩井監督が「遺作にするならこの作品にしたい」というほど思い入れの強い作品でもありました。

市原隼人にとっても初主演作品という記念すべき映画で、現実と架空をリンクさせた独特な構成で大ヒットしました。

改めて『リリィ・シュシュのすべて』の頃の写真を見てみると、髪型だけでなく表情や雰囲気などいまのイメージと全く違いますね。

【現在】ROOKIES(ルーキーズ)に出演していたキャスト達が狂変した…

市原隼人の髪型、坊主頭は不動の人気髪型No.1


1 2 3