市原隼人の嫁はアゲマン?料理に子育て、イクメンキャラで再起

芸能


結婚して嫁と子どもと仲良く暮らしている市原隼人ですが、実は中学生の頃から11年間交際していた彼女がいました。

その彼女とは女優の近野成美です。

市原隼人はテレビで熱愛を堂々と告白するなど公開恋愛していたことから、結婚も秒読みではと言われていました。

2人は中学時代から実に11年もの間交際をしていたので、青春時代を共に過ごしてきたことになりますね。

ですが、結果として破局…

11年も付き合って結婚に至らなかった理由を、

「身近になり過ぎて、家族としか見られなくなった

引用元:女性セブン

と語っています。つまりマンネリということなのでしょうね。

市原隼人は近野成美と別れた後、向山志穂と3年間交際を経て結婚しました。

向山と交際を始めたときはすでに近野とは別れた後で、二股ではありませんでしたが「元カノがかわいそう」「身勝手すぎる」と世間では市原隼人を非難する声が多く聞かれました。

長すぎた春。男女関係ではよくあることですが、「幼馴染との純愛を貫いて欲しかった」というのがファンの想いのようです。

市原隼人、嫁との結婚でイメチェン!?

市原隼人は、2008年のヒットドラマ「ROOKIES」以来、硬派で熱い男のイメージがついていますね。

人気絶頂期であったにもかかわらず中学時代からの幼馴染で女優の近野成美との熱愛をテレビで堂々と宣言するなど、役柄以外でも男気に溢れていました。

ところが結婚の約束をしていたに彼女と身勝手な理由で別れ、ギャルモデル・向山志穂との半同棲生活が報じられた市原隼人。

それ以降すっかり映画やドラマで見なくなったのは、やはり結婚によるファン離れが大きかったのではないでしょうか。

しかも嫁のブログによると、現在は主夫業をこなしていることが暴露されています。

娘を連れてスーパーへ行き、朝ごはんだけでなく晩ごはんまで手作りしてしまうのだとか

市原隼人がスーパー…、なかなか衝撃的ですね。

嫁との結婚によって仕事が激減し、厳しい目が向けられることも多くなり、硬派俳優としてのイメージは失墜してしまいました。

さらに毒気が抜けてしまった市原隼人の劣化ぶりには心配の声が寄せられています。

市原隼人の劣化を嫁が否定!?イクメンキャラに変化


1 2 3