実業家福島弓子・イチロー「子供は欲しくない」栗山英樹との関係も闇

あの人は今


福島弓子といえば、国民的大スターであるイチローの妻として有名です。元女子アナで結婚を機に退職し、イチローとともに渡米。それ以降はあまり表に出てこないですが、かなりのやり手妻のようですよ。福島弓子の人物像に迫ってみました。

イチローの妻・福島弓子ってどんな人?

イチローの妻・福島弓子は元TBSアナウンサーで、イチローとの結婚を機にTBSを退社。

テレビで見かけなくなってかなり時間が経ちますので、福島弓子を詳しく知らない……という人も多いのではないでしょうか?

そこで、まずは福島弓子のプロフィールをご紹介したいと思います。

名前:福島弓子(イチローと結婚後の戸籍名・鈴木弓子)

出身地:島根県松江市

生年月日:1965年12月10日

血液型:O型

身長:163cm

学歴:慶應義塾大学文学部

福島弓子は島根県出身で、実家は造船業を営んでいると言われています。

高校まで島根県で過ごし、慶應義塾大学へ進学するにあたって上京。1989年にアナウンサーとしてTBSに入社しました。

福島弓子はイチローの妻!二人の出会いは?

多くの歴史的な活躍をしてきたメジャーリーガーのイチロー選手は、日本では知らない人がいないほどの国民的スターですよね。

そのイチローの活躍を陰で支えてきたのが、妻の福島弓子です。

ラジオ番組イチローの気持ちはいつもフルスイングにおいて、福島弓子がイチローのアシスタントを務めていたことをきっかけに知り合いました。

ラジオ番組で出会ったのは1995年で、その2年後から交際をスタートさせたようです。1999年にロサンゼルス郊外のサンタモニカで式を挙げました。

イチロー夫人・弓子さんの現在がガチですげぇ

福島弓子がイチローと交際前に付き合っていた元カレ

福島弓子はイチローと付き合う前に、別の男性と付き合っていました。その男性とは日本ハムファイターズ監督の栗山英樹

福島弓子と栗山英樹は婚約しており、お互いの両親にも挨拶していましたが、栗山英樹がいきなり婚約を解消。

この時、栗山英樹は世界的テニスプレーヤーの伊達公子のことが気になりはじめていたそうです。

また福島弓子の姉であるアナウンサーの福島敦子が不倫騒動を起こしたため、栗山英樹の父親が結婚を反対したことが原因との噂もあります。

突然の婚約破棄で福島弓子はつらかったと思いますが、この別れがなければイチローと出会ってないですから、よかったかもしれないですね。

ちなみに栗山英樹は未だに独身を貫いています。

福島弓子とイチローに子どもがいない理由

おしどり夫婦として知られる福島弓子とイチローですが、2人の間には子どもがいません。

その理由として、「イチローが子どもが好きではないため作らない」という噂がありました。

ですが、イチローは以前あるインタビューで「子どもは欲しい」と答えていることから、この噂は正しくないと言えそうです。

福島弓子とイチローに子どもがいないのは、「欲しかったけどできなかった」というのが、どうやら真相みたいです。

2人は、芝犬の「一弓(いっきゅう)」と、その子どもの「宗朗(むねろう)」を子どものようにかわいがっているそう。

こちらは福島弓子とイチロー、そして一弓が3人でうつった写真です。

一弓という名前は、2人の名前「一郎」と「弓子」から一文字ずつ取ってつけたもの。

この名付け方から、夫婦のラブラブさと愛犬を大切にする気持ちが伝わってきますよね。

イチロー妻・福島弓子がかなりのやり手

世界のイチローを支える妻、福島弓子はいわゆる「アゲマン」でかなりやり手の人物だということがわかるエピソードを紹介。

一体、どんな偉業を成し遂げているのでしょうか?

①福島弓子の実家は造船業経営のお金持ち?

福島弓子は島根県松江市出身です。島根県立松江南高等学校を卒業するまで、そこで過ごしました。

実家が造船業を営んでいるという福島弓子は、お金持ちのお嬢様だったという噂もありますが、詳しい情報はなく本当にお金持ちかどうかは謎です。

ただ、高校卒業後は慶應義塾大学へ進学していることから、金銭的に余裕のある家庭だったのは確かかもしれません。

アメリカから帰国した際は、イチローとともに島根の実家に帰って過ごすことも多いとか。ネットでは、島根でランニング中のイチローを目撃したという人もいましたよ。

②福島弓子は徹底的な食事管理でイチローをサポート

福島弓子は、イチローがベストな状態でいられるように、徹底的な食事管理を行なってサポートしているのだとか。

トップクラスの野球選手は、管理栄養士や専属シェフを雇うのが普通なのだそうですが、イチローの場合、料理は今でもすべて福島弓子が担当しているといいます。

「(福島弓子の)料理の腕前も相当なもの。一度行っただけで、高級店の味を再現できるほどだと聞いています。 最近では彼の年齢を考えて臨機応変に献立を変えるように心がけていると聞きます」

出典:livedoor NEWS (2016/6/23)

「一度行っただけで、高級店の味を再現できる」なんてうらやましいですね。

イチローのために長年料理をしてきたからこそ、身につく特技ではないでしょうか。

また、福島弓子は食材に対するこだわりもかなり強いようで、ほとんどお取り寄せなのだそうですよ。

「例えば、水は夫妻で11年間暮らしたシアトルのものしか使いません。またパンはマリナーズのキャンプ地だったアリゾナ州ピオリアのベーカリーから冷凍して送ってもらい、野菜も米国南部の専業農家と直接取引。本当に驚くほどのこだわりぶりです」

出典:livedoor NEWS (2016/6/23)

本当にいいと思ったものを選ぶ姿勢が素晴らしいですね!

イチローの活躍は、福島弓子のこんな気遣いがあってこそ生まれたのかもしれません。

③福島弓子によるイチローの財産管理がすごい!

福島弓子が「良妻」っぷりを発揮しているのは、料理だけではありません。

財産管理も素晴らしく、イチローが稼いだ300億円とも言われる大金を、使って減らすのではなくむしろ増やしてしまったのだとか。

どうやって増やしたのかというと、本人のエステサロン経営のほか、たくさんの不動産を購入して利益を得たのだそうですよ。

現在の福島弓子の年商は、100億円を越えるとも言われています。

イチローとチチローの不仲の原因は福島弓子?

チチローこと、イチローの父・宣之は、イチローが小さい頃から一緒にキャッチボールをするなど、熱心に野球を指導したことで知られています。しかし現在、イチローとチチローは不仲で、絶縁状態なのだとか。

イチローとチチローが不仲になった原因の一つに、チチローが福島弓子のことをよく思っていなかったことがあると言われています。

@hellokatzeeeeさんの投稿

福島弓子が栗山英樹に婚約破棄されたことは、テレビなどで報道されて日本中によく知られていましたし、福島弓子がイチローより7歳年上であったことも、父親としては気に入らなかった模様です。

イチローはチチローのそうした言い分に反発し、福島弓子の味方をして、チチローと仲違いのようになったものと思われます。

ただ、イチローとイチローの母親はきちんと交流があるようです。

イチローの妻・福島弓子に対するネットの声

福島弓子が元カレと破局してイチローと結婚。

もし福島弓子が栗山監督から婚約破棄されず、そのまま結婚していたら、イチローと夫婦にならなかったでしょうから、人生なにが起こるかわかりませんね。

アナウンサーだった頃は、きれいで人気だったそうです。

また、不動産投資で大儲けする才能も持ち合わせているなんて素晴らしいですね。国民的大スターのイチローと福島弓子、二人をお似合いの夫婦だと認識している人が多いようでした。