実業家福島弓子・イチロー「子供は欲しくない」栗山英樹との関係も闇


日米通算4257安打を記録し、歴代最多安打記録を更新したメジャーリーガーのイチロー。その陰には、8歳年上の福島弓子夫人による献身的な努力があったといいます。


スポンサーリンク

イチローの妻・福島弓子ってどんな人?

イチローの妻・福島弓子は元TBSアナウンサーで、イチローとの結婚を機にTBSを退社。テレビで見かけなくなってかなり時間が経ちますので、福島弓子を詳しく知らない……という人も多いのではないでしょうか?

そこで、まずは福島弓子のプロフィールをご紹介したいと思います。

名前:福島弓子(イチローと結婚後の戸籍名・鈴木弓子)

出身地:島根県松江市

生年月日:1965年12月10日

血液型:O型

身長:163cm

学歴:慶應義塾大学文学部

福島弓子は島根県出身で、実家は造船業を営んでいると言われています。高校まで島根県で過ごし、慶應義塾大学へ進学するにあたって上京。1989年にアナウンサーとしてTBSに入社しました。

かつては日本ハム監督・栗山英樹と交際!

福島弓子は、イチローとの結婚前に当時野球解説者であった栗山英樹と交際歴があります。

福島弓子の両親に結婚の挨拶もしたそうですが、栗山英樹がプロテニスプレーヤーの伊達公子を意識しだし、福島弓子に突然「結婚はなしにしてほしい」と告げたとか。

突然「結婚はなしにしてほしい」なんてショックだと思いますが、もしこの2人が結婚していたらイチローとの結婚はなかったでしょうから、結果的によかったと言えそうですよね。

福島弓子とイチローの馴れ初めは?

元TBSアナウンサーの福島弓子。TBSラジオで1995年から数回放送された『イチローの気持ちはいつもフルスイング』で、福島弓子がアシスタントを務めたことがイチローとの交際のきっかけになりました。

1999年1月にイチローがプロポーズし、12がつにアメリカのチャペルで挙式。帰国後に開いた会見では、イチローが福島弓子について、

「話すリズムとか価値観とか同じ空間にいて心地よく感じた」

出典:wikipedia 福島弓子

とコメントしています。

福島弓子とイチローに子どもがいない理由

おしどり夫婦として知られる福島弓子とイチローですが、2人の間には子どもがいません。

その理由として、「イチローが子どもが好きではないため作らない」という噂がありました。ですが、イチローは以前あるインタビューで「子どもは欲しい」と答えていることから、この噂は正しくないと言えそうです。

福島弓子とイチローに子どもがいないのは、「欲しかったけどできなかった」というのが、どうやら真相みたいです。

2人は、芝犬の「一弓(いっきゅう)」と、その子どもの「宗朗(むねろう)」を子どものようにかわいがっているそう。

こちらは福島弓子とイチロー、そして一弓が3人でうつった写真です。

一弓という名前は、2人の名前「一郎」と「弓子」から一文字ずつ取ってつけたもの。この名付け方から、夫婦のラブラブさと愛犬を大切にする気持ちが伝わってきますよね。

福島弓子は徹底的な食事管理でイチローをサポート

福島弓子は、イチローがベストな状態でいられるように、徹底的な食事管理を行なってサポートしているのだとか。

トップクラスの野球選手は、管理栄養士や専属シェフを雇うのが普通なのだそうですが、イチローの場合、料理は今でもすべて福島弓子が担当しているといいます。

「(福島弓子の)料理の腕前も相当なもの。一度行っただけで、高級店の味を再現できるほどだと聞いています。 最近では彼の年齢を考えて臨機応変に献立を変えるように心がけていると聞きます」

出典:livedoor NEWS (2016/6/23)

「一度行っただけで、高級店の味を再現できる」なんてうらやましいですね。イチローのために長年料理をしてきたからこそ、身につく特技ではないでしょうか。

また、福島弓子は食材に対するこだわりもかなり強いようで、ほとんどお取り寄せなのだそうですよ。

「例えば、水は夫妻で11年間暮らしたシアトルのものしか使いません。またパンはマリナーズのキャンプ地だったアリゾナ州ピオリアのベーカリーから冷凍して送ってもらい、野菜も米国南部の専業農家と直接取引。本当に驚くほどのこだわりぶりです」

出典:livedoor NEWS (2016/6/23)

本当にいいと思ったものを選ぶ姿勢が素晴らしいですね!

イチローの活躍は、福島弓子のこんな気遣いがあってこそ生まれたのかもしれません。

福島弓子が夫人会のボスママに君臨!

福島弓子はマーリンズの夫人会でほかの夫人たちからかなり慕われているそう。

イチローがマリーンズに入団して2年目で、すでに「ボスママ」と呼んでもいいくらいの存在感だったとか。

「マーリンズは若い選手が多いため、その妻たちも20代が中心です。50歳の弓子夫人はシアトルやニューヨークで14年も夫人会で活動してきたこともあり、みんなからのいろんな相談に乗っているそうです。」

出典:livedoor NEWS (2016/6/23)

ある時は、福島弓子が料理教室を開催して、ほかの夫人たちに料理を指導。その料理へのこだわりっぷりに夫人会の仲間たちがびっくりしているらしいですよ。


スポンサーリンク

福島弓子によるイチローの財産管理がすごい!

福島弓子が「良妻」っぷりを発揮しているのは、料理だけではありません。

財産管理も素晴らしく、イチローが稼いだ300億円とも言われる大金を、使って減らすのではなくむしろ増やしてしまったのだとか。

どうやって増やしたのかというと、本人のエステサロン経営のほか、たくさんの不動産を購入して利益を得たのだそうですよ。現在の福島弓子の年商は、100億円を越えるとも言われています。

まとめ

「良妻」と噂のイチローの妻・福島弓子について詳しく見てきましたが、噂以上にすごい女性でしたね。

料理は「一度行っただけで、高級店の味を再現できる」ほどの腕前で、財産管理に関してはイチローの財産を減らすのではなくむしろ増やすという・・・

さすがイチローの選んだ女性という感じですね!


スポンサーリンク