患者には出すけど医者が飲まないクスリ!医療の裏側は悪?


患者には出すけど医者が飲まないクスリ

というものがあり、

診断不信の患者が殺到しています。

おかげで病院がパニックになっているようです。



スポンサーリンク

新しければいい薬とは限らない

「’13年に代表的な降圧剤であるディオバンに、

論文の不正問題が発覚して、大騒ぎになりました。

 

ノバルティスファーマ社の社員が

統計データの解析に不正に関わっていた問題も明るみに出た。

 

その影響で一時期、処方されることが少なくなりましたが、

最近になってまたよく使われるようになっています」

 

中高年になると、血圧の薬を毎日飲んでいる人も多いだろう。

だが、その薬が本当に効いているのか、

逆に副作用がないのかをよく見極めて処方されているケースは


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

患者には出すけど医者が飲まないクスリ!医療の裏側は悪?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image