伊原六花(林沙耶)登美丘高ダンス部から芸能界デビュー!韓国人説が囁かれる理由

芸能


バブリーダンスで話題を集めた登美丘高校ダンス部キャプテン・伊原六花。高校卒業後は芸能界の道を選ぶことに。「初のCMキャラクター決定」と、出だしは上々です。伊原六花の芸名の由来は? 韓国人説?

ダンスから一花咲かせた伊原六花が初代センチュリー21ガールに

伊原六花は、センチュリー21の新しいイメージキャラクター、初代「センチュリー21ガール」として起用されました。

伊原にとっては初のCMキャラクターという快挙です。

初代センチュリー21ガールに就任した感想を求められて「すごくすごく嬉しいです!

たくさんの方にセンチュリー21の信頼や親しみやすさが伝わるようにセンチュリー21ガールとして頑張ります!」と抱負を述べました。

このCMは2018年7月以降オンエア予定で、イメージ画像が公表されるや否や「カワイイ」「この娘めっちゃタイプ!!」と話題になりましたが、「この子は誰?」との声も。

それもそのはず、伊原六花は高校在学中に芸能プロダクションに所属し、デビューを果たしたばかりの新人です。

伊原六花(いはらりっか)って誰?

伊原六花、と名前を聞いてもピンとくる人はいないのではないでしょうか。でも、顔はどこかで見たことがあるような……?

そうです、伊原六花は登美丘高校ダンス部キャプテンを務めていました。

ダンスをしているときはメイクが濃くて素顔が認識できませんが、キャプテンとしてインタビューに答える機会も多かったので覚えている人もいるのではないでしょうか?

伊原六花の本名は林 沙耶

伊原六花は芸名で、本名は林 沙耶(はやし さや)です。林 沙耶という名前も呼びやすくてとても可愛いですが、所属芸能事務所のフォスターは本名での活動がNGとのこと。

事務所フォスターには「広瀬すず・アリス姉妹」や「北乃きい」らがいます。

六花という名前は「りっか」のほか、りくか、ろくはな、ろっか、むつのはなとも読まれ、いずれも雪の異称のことです。結晶が六角形であることからこのように呼ばれるようになったのだとか。

@ruru_719)さんの投稿

登美丘高校ダンス部でキャプテン

登美丘高校ダンス部といえばバブリーダンスで話題を集めました。2017年にこのダンス部キャプテンを務めていたのが伊原六花でした。

バブル時代を彷彿とさせる鮮やかな衣装とユーモアあふれるダンスは大人も子供もみんなを笑顔にしてくれましたよね。

大きな注目を集めた登美丘高等学校ダンス部は

・第59回輝く!日本レコード大賞(2017年12月30日) ※特別賞受賞

・第68回NHK紅白歌合戦(2017年12月31日)(郷ひろみのバックダンサー)

に出場し、また、話題のバブリーダンスの動画はYouTube上で4400万回以上の再生を記録したそうです。

現在は、日本のみならず世界的にも大きな注目を集めているのだとか。

伊原六花は韓国人?

伊原六花を検索すると、「伊原六花 韓国」というワードが引っかかります。伊原六花が韓国人ということなのでしょうか?

調べてみると、全くそのような情報はありませんでした。

伊原六花に韓国系という言葉が出てくるようになったのは

・在日の人が多く住む大阪府出身

・伊原という名字は韓国系が多い

という理由からのようです。

俳優の伊原剛志や、ダウンタウン松本の嫁である伊原凛は在日ですが、伊原六花は芸名に伊原を使用しているだけで韓国とのつながりはないようです。

伊原六花のプロフィール

伊原 六花のプロフィールをみていきましょう。

芸名:伊原 六花(いはら りっか)

本名:林 沙耶(はやし さや)

生年月日:1999年6月2日

出身:大阪府大阪狭山市

学歴:大阪府立登美丘高等学校普通科(2018年3月卒業)

伊原は登美丘高校在学中にして芸能プロダクションに所属し、念願の芸能界デビューを果たしました。卒業を迎える2018年の春から本格的に芸能生活をスタートすることが決まっています。

伊原六花の経歴が芸能向けですごすぎる

登美丘高校ダンス部に所属し、キャプテンを務めたことで人気を集めた伊原六花ですが、それまでの経歴はどのようなものがあるのでしょうか。

伊原は、幼い頃からバレエに親しんでいたことがわかっています。

・2008年から2012年・・・子供ミュージカルに出演

・2012年・・・劇団RKX主催のミュージカル「ズボン船長」のオーディションに合格し、生徒役で出演

・2013年から2015年・・・「ズボン船長」に出演し、3年連続でジョジョ姉役を務める

・2015年から2017年、大阪狭山市の現代版組踊キジムナーの会「表現倶楽部うどぃ」に所属

以上のように、登美丘高等学校ダンス部に所属する前から、ダンス、ミュージカルなどの舞台経験を積んできた経歴があります。

今後芸能界でどんなことにチャレンジしたいかと問われると、「いままでずっとダンスをやってきたので、ダンスはもちろん、演技や歌なども勉強して色々な方面で活躍できるようになりたいです!」との抱負を語っています。

まとめ

バブリーダンスで話題を集めた登美丘高校ダンス部キャプテン・伊原六花。

高校卒業後は進学せず、芸能界の道を選ぶことになりました。

初のCMキャラクターが決定するなど幸先よいスタートを切りましたが、今後はどのような活動が待っているのでしょうか。

可愛さ舞台で培った度胸を生かして多くのジャンルでの活躍を期待しています。