イジメを受けていた中2女子が電車に飛び込み自殺。残した遺書の内容がエグすぎる(画像あり)

0.2-7

青森でイジメを受けていた中2女子が電車に飛び込み自殺…

残した遺書の内容がエグ過ぎると話題に。


スポンサーリンク



青森県で中2女子が自殺

青森県藤崎町の中学校に通う中学2年生の女子生徒が、

電車に飛び込み自殺する事故が発生。

 

自殺した女子生徒は普段から

イジメを受けており遺書も発見された。

 

父親はこの遺書の一部を公開し、

遺書の内容がえぐすぎると話題になっています。

 

自殺した女子生徒が残した遺書

亡くなった女子生徒の父親が公開した

スマートフォンに残された遺書の画像が

生々しさを物語っている。

 

0.1-3

 

他にも以下の文章が確認されており、

女子生徒が相当悩んでいたことがわかる。

 

「もう耐えられません。いじめてきたやつら、自分でわかると思います。二度としないでください」

「生きる価値ない。本当に13年間ありがとうございました」

引用:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HF6_Z20C16A8000000/

 

いじめてきたやつら、自分でわかると思います

という文があるが、この他にも

イジメを行った人物の実名も残されていたという。

 

遺族が語ったイジメの背景

同市内で報道陣の取材に応じた家族によると、

無料通信アプリ「LINE(ライン)」による中傷、

誹謗(ひぼう)を受けていたという。

 

同級生らか らも

「中学1年のころから悪口を言われたり、無視されたりしていた」

「1年の冬ごろから欠席が増えた」との声があり、

家族は同日、学校側にいじめの有無などの調査を要請した。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-0000000y1-mai-soci

 

LINEで誹謗中傷を受けることが多かったようで、

数年前からLINEを使ってイジメを受ける学生が増えている。

これは一対一でと言うよりも、

複数人で遣り取りをするグループ機能での

陰湿な無視や誹謗中傷が多いと見られている。

 

SNSでのイジメの増加問題

ここ数年でFacebookやTwitterなどのSNSが普及し、

自身の個人情報を全国に容易に発信出来るようになった。

 

人同士を繋ぐ便利なツールではあるが、

誹謗中傷や陰湿なイジメの根源になっている事実もある。

 

SNSでイジメを受けた女子生徒の遺書

 

08-1 0.3-5 0.4-9

 

このようにスマートフォンでのSNSを使ったイジメが

近年増加しており、新たな対策を講じる必要がある。

 

亡くなってしまった生徒にはもう何も聞くことが出来ない。

 

人の命を踏みにじってしまった当事者たちが、

この痛ましい教訓を同じ環境にある全国の生徒たちに

発信するべきだと思います。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 【上尾駅人身事故】女子中学生、友達の目の前で電車に飛び込む…現場の写真がやばいと話題に…

 

⇒ 【秋田県中3女子自殺】「トイレには制服が・・・」雄物川の橋から飛び込み自殺…遺体がやばい…