いじめで自殺した中1男子の遺書。「言われて一番嫌だった言葉」


青森県で中1男子がイジメを苦に自ら命を絶った

亡くなる前に男子生徒が書き残した遺書には

言われて一番嫌だった言葉」が残され・・・


スポンサーリンク

まだ幼さが残る少年だった

命を絶ったのはまだ幼さが残る12歳の少年だった。

 

2学期の始業式を3日後に控えた8月19日未明

少年は母親と最後の言葉を交わした。

 

お腹が痛いんだよ。

薬を飲む?

もう少しトイレで頑張ってみる。

我慢できなかったらお母さんのところにおいでね。

 

 

 

少年の家は農業を営んでおり、

自宅の敷地内には畑と小屋がいくつもある。

 

職業柄朝は早く午前5時ごろに起き

仕事の準備をしている。


1 2 3 4

footer-image