10ヶ月も子犬を虐待!?水も餌もあげない鬼畜飼い主に批判殺到

虐待された犬

日本でも動物虐待って多いです。飼っているペットに対して酷い仕打ちをしたり捨てたり…。何考えてんだ!?と言いたくなるようなことも多くて気分悪いですよ、ほんと…



スポンサーリンク

酷い虐待をされ保護された子犬

スペインで発見された子犬が、とんでもない状況で見つかったのです。

虐待されて、自分で立つことも出来ないほどやせ細ってしまっていました。

その子犬のその後は・・・
虐待

虐待されて弱りきったメスの子犬は、救助センターで保護されました。

なんと、体重はわずか6,8キロ
内臓機能が停止してしまうのではないか、と心配するほどの状況で…

一晩持つか…。
そう考えるほどだったと言います。

虐待された犬

骨が浮き出るほど痩せてしまっていますね。
どれだけまともな食事を与えられていなかったのでしょうか…。

悲しみを通り越して、怒りを覚えますよ、ほんとに。

バリラ

スパゲッティのようにやせ細ってしまっていたため、イタリアのパスタブランドの名前を取って『バリラ』と名付けられました。

バリラはだいたい生後10ヶ月と思われます。
そして、保護されるまでほとんど餌も水も貰えていなかったようです。

よく保護されるまでがんばれましたよね。
人がそんなに食事できなかったら、もう死んじゃってますよ…。


スポンサーリンク

1番の幸せは…

保護されてからは、毎日5〜6回に分けて食事を与えていったら、徐々に体重も戻り意識もはっきりしていきました!

だんだん回復に向かっていったバリラ。
本当によかったです!!

バリラ

ベルジアン・シェパード・ドックの血を引いていたバリラは、元気になるにつれて本来の姿に戻っていきました。
凛々しく、美しいです!

バリラ

そして、回復したことはもちろんですが、バリラにとって最高に幸せだったのは・・・

救助にあたっていたエドアルド・ロドリゲスがすっかり魅了されたことでしょうね。

その後、バリラを引き取ることに決めたのですから。

バリラ

2人ともいい笑顔ですね〜!
ロドリゲスさんの家には、家族の奥さんに娘さん。
そしてバリラ以外にも5頭の仲間がいます。

きっと虐待された傷が癒えるのには、時間がかかるでしょう。

今後、新しい生活を送っていく中で幸せになってくれることを祈りたいですね。

また、とんでもない環境での生活を仕入れられているのはペットだけではありませんでした。

フクロウカフェのやばい状況が発覚!!
⇒ フクロウカフェの内部告発で発覚した劣悪環境。もはや虐待…
ペットは飼い主を選べません。
可哀想すぎますよね…。

ネットの反応

・可哀想に・・・虐待した人を同じ目に合わせてやりたい

・十ヶ月の間、どんな状況でいたのだろう

・よく回復できたね。獣医さん本当にすばらしい

・回復した姿の凛々しいこと!

・ほんとによかったー!!涙でてきたよ…

1度飼うと決めたのなら、最後まで責任を持って飼うべきです!

それができない人は、ペットを飼う資格なんてないですよね。

スポンサーリンク

関連記事

子供に死んだペットを食べさせる親が…
⇒ 子供に死んだ金魚を食べさせ親逮捕。猟奇的虐待受けた少女の心境は…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

虐待された犬

10ヶ月も子犬を虐待!?水も餌もあげない鬼畜飼い主に批判殺到


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!