写真を超えた鉛筆画が話題に!モノクロ写真にしか見えない・・・【凄すぎる】

0

まるで写真のようだ・・・

一見、写真と思ってしまう画像。

これらは全て鉛筆で描かれたものなのです!

これを書いたのは会社員の古谷振一さん。

 

そんなスゴイ!

鉛筆で写真のような絵を書かれる

「古谷振一さん」の作品を紹介したいと思います。


スポンサーリンク



写真を超えた鉛筆画

0

19e797d2a2d8e66c2a05189de4e7a30236842be91462319762

de6a34995f0c726a3f20f201ba5f20c4ca7eb85b1462319762-s

974a4cbeef5745807ec684ca55adf2af2f73c9ae1462319762-s

16a9dd4a2b8bf769c7256d0bb44e0da7dd9bfc831462319716-s

010fc1b86850feea14c98f792a6381ba9f487a3d1462319716-s


スポンサーリンク




a6bbf098261ceccf8d5d4b4c3c12a04242e8bf271462319716-s

696d8d2574b12eb56ceb3c678cb2ab6479eeaa821462319716-s

CfVKF3VUYAEryKn

Chfx6QlU8AMbERb

1日8時間描く身を削り、絵に魂を込めている
誰にも邪魔されず没頭できるから絵を描くことが好きだという古谷さん。

約30種類の濃さの異なる鉛筆を使い分けています。

一度始めると、1~2時間は描き続け

集中すると1日8時間描くこともあるといいます。

「8時間も絵と向き合うと、足はむくみ目はかすみ、手に力が入らなくなります。

昨年の一時期には目の網膜に異常をきたしたこともありました。

ビデオ撮影のために照明を暗くすることもあるので、特に目への負担は大きいようです。

いわば身を削って絵に魂を込めているような感覚です」(古谷さん)

 

今はうつ病を患い、休職中となりますが、

病気と向き合う生活を支えているのは「描くこと」だといいます。

 

これだけ感動できる絵をかけるのは素晴らしいですね!

写真と見間違えてしまいます(笑)

これぞ芸術です。


スポンサーリンク



写真の芸術もありますので、

こちらも是非、ご覧ください。

 

【奇跡の写真】Facebookで最もシェアされている天気写真が幻想的すぎる!(衝撃画像あり)

lightningrainbow-teoRjD 2