イモトアヤコ「国に軍隊がないと何で幸せ?」イッテQでの爆弾発言が大きな反響へ

「国に軍隊がないと何で幸せ?」

「こっちが仕掛けなくても…」

イモトアヤコのイッテQでの爆弾発言が大きな反響へ



スポンサーリンク



世界の果てまでイッテQ!での発言が大反響

「世界の果てまでイッテQ!」にて、

「新種生物を見つけ名付ける」という

企画で中米・コスタリカを訪れたイモトアヤコさん。

 

コスタリカは「世界で最も幸せに暮らせる国ランキング」

で1位に輝いており、

その理由としては

「常備軍を廃止した国」

「自然エネルギー先進国」などが挙げられていて、

スタッフからそのことが紹介されました。

 

しかし、これを聞いたイモトさんは不思議な顔で

「軍隊がないと何で幸せ?」とスタッフに質問。
bee50abc

スタッフが「戦争にならないからじゃないの?」と答えると、

イモトさんは

「でもさ、こっちが仕掛けなくても、もし向こうから来たときに、

軍がないと『アチャー』ってなっちゃう…」と反論。

280528ca

 

スタッフはこれに答えること無く

「自称反抗期のイモト 色んな事につっかかる」

とテロップが付けられ、

何事も無かったかのように番組は進行していきました。

これに対し、ネットでは「正論」だとの声が続出

 

・軍隊がないと攻められたら終わっちゃうじゃん、

イモト正論ですわ

 

・世界を生で見てきたからよく分かってる

 

・自分が武力放棄したところで相手が見逃してくれる保証はない。

 

武力放棄=平和は絶対にない。

その一方で、「一概に言えないのでは?」

といった声が噴出したり、

 

日本の国防と絡めた議論となっている場面も存在するなど、

ネット上で大きな反響を呼んでいました。

 

そもそもコスタリカには本当に軍がないの?

先述の通り、

1949年に常備軍を廃止したことで

「世界で最も幸せに暮らせる国ランキング」で

1位に選ばれたコスタリカ。

 

しかし、

実際にはコスタリカの憲法では交戦権は否定されておらず、

有事の際に臨時の軍事組織を編成することが可能となっているそうです。

 

また、コスタリカでは、

警察が国境警備や海上監視といった業務を行っており、

自動小銃などの装備を備えた部隊も存在しているのだとか。

 

在留米軍も存在するが、

日本との単純比較は出来ないさらに、

2010年にコスタリカ議会で米国海軍の駐留を認める法案が賛成多数で可決され、

7000人規模の米軍在留などが認められました。

 

ただ、これは凶悪化する麻薬カルテルを取り締まるためのものであり、

いわゆる安全保障協力ではないため

日本との単純比較は出来ないと考えられます。

 

イモトさんの「世界の果てまでイッテQ!」での

「常備軍がないと何で幸せ?」という発言は

Twitterで大きく拡散され、

4日現在約7300リツイートされる事態となっています。

 

参院選も控えている昨今、

イモトさんの発言はみなさんにとって日本の国防について

今一度考えるきっかけになったのかもしれませんね。

 

イッテQで重大発表

イモトアヤコの名物登山企画「イッテQ登山部」が始動。

今年はアルプスのアイガーに挑戦することが明らかにされた。
3bf19e9c-s

 

「イッテQ登山部顧問」で国際登山ガイドの

“天国じじい”貫田宗男さん(65)が登場。

 

女優モードで「ノー・トレーニング状態」というイモトに

「山へ行きましょう!」とはつらつと告げた。

 

イッテQ登山部でイモトはこれまで

キリマンジャロ、モンブラン、アコンカグア、マッターホルン

マナスル、マッキンリー、と世界の名峰を制覇している。

 

14年にはエベレストに挑戦したが、

山頂近くで高地順応中に雪崩で死者出て各国の登山隊が撤退。

イッテQ登山部も登頂を断念した。

 

“死の崖”の異名をとるアイガーにイモトは

「こわい」と不安をのぞかせていた。

 

イモトの登山歴

2009年5月 キリマンジャロ登頂 5,895m

 

2010年8月 モンブラン登頂(三山縦走ルート)4810.9m

 

2012年1月 アコンカグア 標高6,962mの6,890mまで

 

2012年9月 マッターホルン登頂 4,478m(下山にヘリ使用)

(登頂リミット8時間、登頂時間5時間16分)

 

2013年10月 マナスル登頂 8,163m(C2飛ばしによりBCから4日で登頂)

 

2015年6月 マッキンリー登頂 6,190m

 

訓練課程

2011年12月 西穂高岳独標登頂

 

2012年8月 剱岳登頂(源次郎尾根ルート)、Cフェース登攀

 

2012年8月 リッフェルホルン 2,928 m、ブライトホルン登頂 4,164 m

(マッターホルンテストトライアル)

 

2013年3月 八ヶ岳南沢大滝登攀(アイスクライミング)

 

2013年7月 北穂高岳、槍ヶ岳登頂(北穂高岳→下山→槍ヶ岳>>0

※槍穂高縦走ルートを悪天候中止した為

 

2014年3月 大山登頂

 

2014年4月 メラピーク登頂 6,654m(エベレスト遠征高所順応訓練)

 

2015年3月 八甲田山大岳登頂(単独踏破訓練)

その他ロケ

 

2010年2月OA 崋山登山

 

2011年8月 キリマンジャロ登頂(2回目)

 

2013年2月OA エクスカリバー・タワー登攀(37mクライミングウォール)

 

2013年8月 富士山登頂

 

2014年2月 キナバル登頂

 

2015年6月OA ルッツォーネダム登攀(165mクライミングウォール)


スポンサーリンク