【画像】伊藤リオンの現在!沖縄で暴れた動画がyoutubeで公開…

あの人は今


2010年11月に起きた「市川海老蔵暴行事件」で一躍有名になり服役していた伊藤リオンですが、今度は沖縄で警察が駆けつけるほどの乱闘騒ぎを起こしていたのだとか…。

逮捕者まで出てしまうほどの事件を度々起こしている伊藤リオン。

一体現在は何をしているのでしょうか?

現在の伊藤リオンは沖縄で乱闘騒ぎ…Youtubeで動画が公開される

「市川海老蔵暴行事件」で一躍有名になった伊藤リオンですが、

沖縄で地元の旭琉會系組員たちと乱闘騒ぎに発展していたことがわかりました。

乱闘騒ぎの動画がYoutubeで公開され、瞬く間に伊藤リオンが沖縄で起こした乱闘騒ぎが有名になってしまったのです。

都内を拠点に活動していると言われた伊藤リオンがどうして沖縄にいたのか、と不思議に思う人も多いでしょう。

伊藤リオンが沖縄で乱闘騒ぎを起こした頃は、都内で関東連合の関係者たちが飲み歩いていると、警察に目をつけられるという噂が蔓延していたというのです。

そのため警察の目を恐れた関東連合の関係者たちは、わざわざ北海道のススキノや沖縄の那覇市松山まで足を運び、派手に遊んでいました。

そして伊藤リオンたちが派手に沖縄の松山で遊ぶようになってから地本の組員である、旭琉會系組員と乱闘騒ぎに発展していったのでしょう。

確かに、自分たちの縄張りでよそから来たグループに派手に遊ばれてしまっては、旭琉會系組員たちとしても面白くないかもしれません。

伊藤リオンが沖縄で起こした乱闘騒ぎで逮捕者が出る

伊藤リオン率いるグループと地本沖縄の旭琉會系組員たちの乱闘騒ぎは、クラブで飲んでいたことから始まりました

乱闘騒ぎは次第に手に負えないくらい激しいものとなり、

スタンガンや金属バットで攻撃を仕掛けたり、

終いには牛刀まで抜くような組員もいたのだとか…。

沖縄松山の繁華街は騒然とした雰囲気に飲み込まれたといいます。

そして、誰かの通報により大勢の警察官が松山に駆けつける事態へと発展…。

なんとこの、伊藤リオンが沖縄で起こした乱闘騒ぎで逮捕者まで出てしまいました。

逮捕者が出たというあたり、どれだけ激しい乱闘騒ぎだったかを物語っていますよね。

  • 地元の組織である旭琉會系組員たち
  • 伊藤リオンをかばうために牛刀で応戦した武闘派組織

双方から逮捕者が出たようです。

沖縄で起きた激しい乱闘騒ぎのために、一時期は暴力団の争いに発展するのではないかと恐れられていました。

しかし、双方の上層部によって話し合いが済んでおり、暴力団同士の争いに発展することはないと見られています。

“黒い狂犬”という威名を持つ伊藤リオン

これまで数々の乱闘騒ぎを起こして来た伊藤リオンですが、そのグレぶりに

黒い狂犬”という威名を持つ

ことでも知られています。

“黒い狂犬”というあだ名が定着してしまったほど、伊藤リオンは喧嘩に強いのだとか。

そんな伊藤リオンは外見からも想像がつくとおり、純粋な日本人ではありません。

  • 父親は中米のパナマ出身
  • 母親は日本人

つまり、伊藤リオンは中米パナマと日本出身の両親を持つ、ハーフなのです。

伊藤リオンは体格がよく、身長は175cm程度。

身体能力が卓越していて、数々の逸話も持ち合わせています。

そんな伊藤リオンですが、幼少期から日本で生活し育ってきました。

小さい頃は近所で“優しい子”として評判だった伊藤リオン

今でこそ“黒い狂犬”という威名を持つ伊藤リオンですが、小さい頃は近所で優しい子だと評価されていたのだとか。

“黒い狂犬”と言われている現在の伊藤リオンと、“優しい子”だと言われてきた幼少期…。

果たしてどちらが本来の伊藤リオンの姿なのでしょうか?

小さい頃の伊藤リオンを知る近所の主婦の話によれば、伊藤リオンは

  • 野良猫を撫でるような心優しい少年
  • 日本語が上手な少年

といった印象で、とても将来暴力団になるような少年には思えなかったといいます。

また、伊藤リオンの実家は母子家庭で母親の手1つで育てられました。

伊藤リオンの実家はどこにでもあるような普通の一軒家で、普通の家庭に見えたようです。

そんな伊藤リオンの実家には車やバイクなどはなく、ママチャリのような自転車が1台あるだけなんだといいます。

逸脱した運動神経を持つ伊藤リオン

“黒い狂犬”と呼ばれる現在と、“優しい子”呼ばれていた過去…2つの顔を持ち合わせている伊藤リオン。

少年時代から、逸脱した運動神経を持っていたと言われています。

伊藤リオンの運動神経が逸脱しているエピソードは多々ありますが中でも、

  • 50メートルを5秒で走った
  • 練習をしないにも関わらずチームの誰よりもサッカーが上手

50メートルを5秒で走るなんて、大人でもなかなか考えられませんよね…。

伊藤リオンがもし陸上の道を極めていたら、将来は陸上選手として活躍していたのではないかと思ってしまいます。

伊藤リオンが暴力団に加入したきかっけは先輩からの誘い


1 2 3